アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査徹底解説

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードとは

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが提供している個人事業主、法人向けの法人カードのプラチナカードです。AMEXブランドで提供されています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの特徴は「申込ができるプラチナカードの最高峰のカード」です。メリットは挙げればキリがありませんが「メタル製のプラチナ・カード」「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」「国内の対象ホテルで一泊いただける無料ペア宿泊券」「数々の賞を受賞しているお店や予約が取りづらいお店の先行予約」「2名様以上で予約すると1名様分のコース料金が無料」「メンバーシップ・リワード・プラスの登録が無料で、ANAマイル還元率が1.0%・ボーナス店でポイント3倍」「ラグジュアリーホテルでの手厚い優待」「センチュリオン・ラウンジなどハイレベルラウンジが利用可能」「ホテルグループの上級メンバーシップ無料付帯」など、多岐にわたります。

年会費143,000円という高額な年会費と引き換えに、最高レベルのサービスを利用できる法人カードとなっています。アメックスのプロパーカードでかつプラチナカードという希少性は高いものの、最近、申込による発行ができるようになったため、以前のインビテーション(招待)のみの発行と比べると希少性は低くなっています。

法人カードで最高レベルのサービスを受けたい方におすすめできる法人カードです。旅行、出張、接待の機会が多く、年会費負担も気にしない方であれば、十分に活用できるカードです。

メリット
  • 申込ができるプラチナカードの最高峰のカード
  • アメックスのプロパーカードでかつプラチナカードのステイタス性
  • メタル製のプラチナ・カード
  • プラチナ・セクレタリー・サービス
  • 国内の対象ホテルで一泊できる無料ペア宿泊券
  • 2名以上で予約すると1名分のコース料金が無料
  • メンバーシップ・リワード・プラスの登録が無料で、ANAマイル還元率が1.0%・ボーナス店でポイント3倍
  • ラグジュアリーホテルでの手厚い優待
  • センチュリオン・ラウンジなどハイレベルラウンジが利用可能
  • ホテルグループの上級メンバーシップ無料付帯
デメリット
  • 年会費が高い
  • 以前より希少性が下がっている
法人カードレビュー評価
発行スピード
(3.0)
審査の通りやすさ
(1.0)
限度額の高さ
(5.0)
管理画面・明細
(3.0)
ポイントのお得さ
(4.0)
年会費の安さ
(1.0)
サポート対応
(5.0)
ステイタス性
(5.0)
海外利用・ホテル優待
(4.5)
レストラン優待
(4.0)
総合評価
(3.5)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード年会費

  • 年会費:143,000円
  • 年会費優遇条件:-
  • 年会費特典:-
追加カード年会費
  • 追加カード年会費:0円(発行枚数制限:4枚)
  • ETCカード年会費:550円(発行枚数制限:5枚)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードポイント・マイル・キャッシュバック

ポイント
  • ポイント還元率 :0.50% ~ 5.00%
  • ポイント倍増方法:●ボーナスポイント・パートナーズ 高島屋オンラインストア :2倍 じゃらん :2倍 Oisix (おいしっくす) :2倍 アイシティ:3倍 イモトのWiFi :5倍 レストラン・ホテル:2倍~10倍 ●メンバーシップ・リワード・プラス ポイント交換レート:2倍
  • ポイントサイト経由のポイント倍増:●アメリカン・エキスプレス・オンラインモール 割引
  • ポイントプログラム名:メンバーシップ・リワード
キャッシュバック
  • キャッシュバック :○
マイル(マイレージ)
  • マイル還元率 :0.50% ~ 5.00%
  • マイル取得方法:●メンバーシップ・リワード・プラス ANAマイル:1000p → 1000mile 他提携航空マイル:1250p → 1000mile 年会費:3,300円(税込)
  • フライトマイルボーナス:-

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード限度額

  • ショッピング枠 :一律の制限なし ~ 一律の制限なし
  • キャッシング枠:- ~ -

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード保険

ショッピング保険
  • 国内:最高500万円
  • 海外:最高500万円
  • 付帯条件:カード購入+90日間
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高1億円+家族特約あり
  • 海外航空機遅延保険:-
  • 家族特約:会員(追加カード会員を含みます)の配偶者、会員と生計を共にするお子 さま・ご両親などの親族
  • 付帯条件:一部自動付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高1億円+家族特約あり
  • 入院日額:5,000円/日
  • 国内航空機遅延保険:最高2万円
  • 付帯条件:利用付帯

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード良い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード良い口コミ評判まとめ

  • プライオリティ・パス付帯
  • 限度額が大きい
  • 申し込みで作れる
  • マイルが貯まりやすい
  • ホテル優待が充実
  • 旅行・出張・会食が多い人であれば余裕でモトがとれる

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード悪い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード悪い口コミ評判まとめ

  • 年会費が高い
  • 昔はインビテーション(招待)制だったが、申込制になって希少性がなくなった

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードメリット

1.申込ができるプラチナカードの最高峰のカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • 申込ができるプラチナカードの最高峰のカード

です。

法人カードや個人向けのクレジットカードのうち、プラチナカードやブラックカードに相当するものは、インビテーション(招待)制といって、そのクレジットカード会社が設ける基準に達した上位顧客のみが申し込めるシステムを取っていることがあります。

いわば「誰でも持てるものではない」という仕組みであるため、希少価値が高まるのです。

反面、相応の支払能力や年収があるにも関わらず「そのクレジットカード会社での利用履歴がないから」という理由で、声がかからない人もいます。

そうなると、利用実績を積み上げるために一般カード、ゴールドカードからコツコツ使っていくことになりますが、プラチナカード、ブラックカードにたどり着くまでは相応の時間がかかるはずです。

一方、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの場合、従来は招待制が用いられていましたが、今は関係なく申し込めます。

「法人カードかつプラチナカードが欲しい」と思ったら、すぐに申し込めるのは大きなメリットでしょう。

2.アメックスのプロパーカードでかつプラチナカードのステイタス性

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • アメックスのプロパーカードでかつプラチナカードのステイタス性

がある法人カードです。

法人カードを含めたクレジットカードを「どんな会社が発行しているのか」で分類すると

  • プロパーカード:国際ブランドを運営する会社(もしくは国際ブランドを運営する会社が重要な戦略パートナーとして位置付けている会社)が自社のみで発行するクレジットカード
  • 提携カード:国際ブランドを運営する会社と外部企業が提携して発行するクレジットカード

に大分されます。

アメックスが付帯した法人カードの場合

  • プロパーカード:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
  • 提携カード:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

と考えるとわかりやすいでしょう。

そして、提携カードの場合、提携先の商品・サービスの拡販につなげるために発行するという意味合いもあるため、プロパーカードと比較すると審査難易度は下がる傾向にあります。

裏を返すと、プロパーカードの方が審査に通るのは難しい以上、ステイタス性 = 希少性もあるのです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードはプロパーカードである上に、プラチナカードでもあるので、審査難易度はかなり高いです。

また、このカードの利用者のうち、一定の条件を満たした人に対して、最上級カードであるアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(いわゆる「アメックスのブラック」)の招待が送られる背景も考えると、十分にステイタス性のあるカードと言って良いでしょう。

3.メタル製のプラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • メタル製のプラチナ・カード

が受け取れる法人カードです。

つまり、基本カード会員用のカードには、メタル = 金属製のカードが用いられています。なお、追加カードは他のクレジットカードと同様、プラスティック製です。

高級感という意味では申し分ないため「格好良いものが持ちたい」という人にはピッタリです。

4.プラチナ・セクレタリー・サービス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • プラチナ・セクレタリー・サービス

が利用できる法人カードです。

いわゆるコンシェルジュデスクのことですが、アメリカン・エキスプレスではこのような呼称を用いています。

  • ホテル、レストランの手配
  • ゴルフ場、エンターテインメントのチケットの予約
  • プレゼントの相談、手配
  • 紛失、盗難などの緊急時対応

など、困ったことやわからないことがあれば、24時間365日体制で相談可能です。

「こういうことをお願いできるかな?」と思った場合は、まずは聞いてみましょう。

5.国内の対象ホテルで一泊できる無料ペア宿泊券

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • 国内の対象ホテルで一泊できる無料ペア宿泊券

が贈呈される法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの特典の1つに「フリー・ステイ・ギフト」があります。

これは文字通り「無料で泊まれるギフト」です。つまり、提携している国内のホテルのペア宿泊券(一泊分)が1年に1度、無料で贈呈されます。

ただし、初年度からは受け取れず、次年度以降の継続特典として受け取れる仕組みなので注意してください。

なお、対象となっているホテルは

  • ニューオータニ
  • ロイヤルパークホテル
  • マリオット
  • ヒルトン
  • ハイアット
  • オークラニッコーホテルズ
  • プリンスホテル
  • 三井ガーデンホテル

のブランドを冠する50以上のホテルです。

「家族旅行に使いたい」「大切な人の記念日に使いたい」など、好みや目的に合わせて選びましょう。

6.2名以上で予約すると1名分のコース料金が無料

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • 2名以上で予約すると1名分のコース料金が無料

になる法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードには特典の1つとして「ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン」があります。

これは、全国約150店舗のレストランを2名以上で予約し、所定のコース料理を注文した場合、1名分が無料になる特典です。

「一度行ってみたいと思っていたけど、実際に足を運んだことはない」という店舗があった場合は、足を運ぶきっかけとして使ってみましょう。

7.メンバーシップ・リワード・プラスの登録が無料で、ANAマイル還元率が1.0%・ボーナス店でポイント3倍

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • メンバーシップ・リワード・プラスの登録が無料で、ANAマイル還元率が1.0%・ボーナス店でポイント3倍

になる法人カードです。

アメリカン・エキスプレスには「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムがあります。

利用額100円につき1ポイントが付与され、一定数貯まったら特典に交換できる、という基本的な仕組みは他のクレジットカードと大きく変わりません。

しかし、このポイントには本来有効期限があります。

以下の画像を見てもわかるように「ポイントを獲得した年度末から数えて2年後」にはポイントが失効してしまうのです。

ただし、有料プログラムである「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入すればポイントの有効期限は無期限(会員である限りは有効)になります。

加えて、ポイントのANAマイルへの還元率も、未登録の場合よりも高くなります。1,000ポイント = 1,000マイルで交換できる仕組みです。

なお「メンバーシップ・リワード・プラス」は本来は有料プログラムですが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードなど対象となるカードの会員であれば、無料で追加できます。

また「ボーナスポイント・パートナーズ」という特約店制度も設けられています。

簡単にいうと、この対象となっている店舗でアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードを使って買い物、サービスの利用をすると、ポイント還元率がアップする仕組みです。

100円につき3ポイント(3倍)はもちろん、中には100円につき10ポイントに達するものもあるので、上手に活用しましょう。

8.ラグジュアリーホテルでの手厚い優待

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • ラグジュアリーホテルでの手厚い優待

が受けられます。

「プレミアムホテル特典」と言って、厳選された世界各地の高級ホテルで会員限定の特典が受けられます。

例えば、京都にある高級ホテル「アマン京都」では

  • 毎日の朝食(2名分)
  • エクスペリエンス クレジット(100ドル相当のクーポン)
  • チェックアウト時間の延長(16:00 まで)
  • チェックイン時の空室状況により、12:00よりチェックイン
  • チェックイン時の空室状況により、お部屋をアップグレード
  • 客室内のWi-Fi無料

などの特典が受け取れます。

9.センチュリオン・ラウンジなどハイレベルラウンジが利用可能

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • センチュリオン・ラウンジなどハイレベルラウンジが利用可能

な法人カードです。

アメリカン・エキスプレスでは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードを含めた上級会員専用ラウンジ「センチュリオン・ラウンジ」を世界各国で運営しています。

また、対象カードの会員であれば「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」に加盟するラウンジも利用可能です。

例えば、香港国際空港の場合、以下のラウンジが利用できます。

利用できるラウンジが一気に広がるのも大きなメリットでしょう。

10.ホテルグループの上級メンバーシップ無料付帯

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは

  • ホテルグループの上級メンバーシップ無料付帯

の法人カードです。以下の上級メンバーシップが無料付帯しています。

  • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
  • 「Radisson Rewards」Goldエリートステータス
  • 「Marriott Bonvoy」ゴールドエリート

これらの上級メンバーシップに達すると、どんな特典があるのか「Marriott Bonvoy」ゴールドエリートを例にとって見てみましょう。

  • 滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • 完全予約保証
  • より望ましい客室へのアップグレード
  • モバイルチェックインとモバイルキー
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • キャッシュ + ポイント
  • ウェルカムギフトとしてポイントを進呈
  • 即座に特典交換
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス
  • ポイントセーバー
  • 会員限定料金

などの特典が設けられています。

よりお得にホテルに泊まれるようになるチャンスです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードデメリット

1.年会費が高い

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのデメリットとして

  • 年会費が高い

ことが挙げられます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの年会費は、143,000円(税込)です。

プラチナカードの中では、ほぼトップクラスと言って良いほどの年会費の高さでしょう。

付帯しているサービス・特典を考えると、決して取りすぎとはまでは言えませんが、サービスや特典を使いこなせないと割高に感じるかもしれません。

高いと思うなら、一度「自分はどれだけ特典を使いこなし、どれだけ得しそうか」を考えてみましょう。

2.以前より希少性が下がっている

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのデメリットとして

  • 以前より希少性が下がっている

ことが挙げられます。

もともと、 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードはインビテーション(招待)制のカードでした。

下位カードに属するアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの会員を中心に、アメリカン・エキスプレス社内の一定の基準を満たした人に対し、招待制で発行していたのです。

限られた人しか持てない、という意味では、希少性のあるカードでした。

しかし、今は招待制が廃止されたため、理論上は誰でも申し込みができます。

もちろん、申し込んだところで審査が行われるため、一定の基準を満たしていないと持てないことには変わりありませんが、招待制でなくなったことを嘆く人が一定数いるのも事実です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード申込手順

1.アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ プラチナ・カードのサイトに行く

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのサイトはこちら

2.必要事項の入力と規約・規定類・重要事項等を確認する

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサイトに行き「お申込みはこちら」をクリックすると、申し込み画面に移ります。

  • 名前(漢字、フリガナ、ローマ字表記)
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 居住形態
  • 自宅郵便番号
  • 住所
  • 主な職業
  • 年収
  • 預貯金・有価証券類
  • アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードの所持状況
  • 他のクレジットカードの所持状況
  • 勤務先名(フリガナも)
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先の区分・雇用形態
  • 業種

の入力が求められるので、確認しながら進めましょう。全て入力し終わると、確認画面が出てくるので、内容に問題がないかをチェックし、送信します。

なお、確認画面では

  • 家族カードの申し込み
  • 優待状況の配信
  • 「フリー・プロテクト・プラン」(無料保険)の付帯

に関しても希望を聞かれるので、希望する場合はチェックしましょう。

3.審査

アメリカン・エキスプレスが審査を行います。

4.カード発行

審査に通過すればカードが発行されます。なお、オンラインでの申し込みの場合、審査には通常10日間ほどかかります。

また、カードは本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で届くため、受け取る際に「本人確認のための公的証明書類」が必要となります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 官公庁が顔写真を貼付した各種福祉手帳(身体障害者手帳など)
  • 官公庁から発行・発給された書類で、その官公庁が顔写真を貼付したもの

のいずれかを用意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。