アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査・限度額徹底解説

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとは

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが提供しているAMEXブランドのゴールドカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴は「アメックスのプロパーゴールドカード」「手厚い入会キャンペーン」「ベースのポイント還元率:0.5%」「年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%」「リターン・プロテクション年間最高15万円」「キャンセル・プロテクションあり」「ショッピング保険最高500万円」「コース料理を2名以上で予約すると1名分の料金が無料」「国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に15,000円クーポン」「家族カードが1枚無料」「海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送」「プライオリティ・パス無料付帯(年間2回まで無料)」「海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯・家族特約あり)」「国内旅行傷害保険最高1億円(利用付帯・家族特約あり)」「スマートフォン・プロテクション最大5万円」「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーションがすぐ来る」などが挙げられます。

最大のメリットは「アメックスのプロパーゴールドカード」というステイタス性と言えます。年会費31,900円に対して、ポイント還元率:0.5%とコストパフォーマンスが高いわけではありませんが、コース料理を2名以上で予約すると1名分の料金が無料、海外空港ラウンジ無料、国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に15,000円クーポンなど直接的な割引があるので、旅行や出張、会食の機会が多い方にとっては、年会費の元を取るのは決して難しくないゴールドカードです。

デメリットは、年会費の高さとポイント還元率の低さです。ポイント還元率に関しては、年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%になるので、大幅に改善します。

アメックスというブランドに魅力を感じる方や、将来的にプラチナカードやブラックカードを持ちたい方におすすめできるゴールドカードです。

メリット
  • アメックスのプロパーゴールドカード
  • 手厚い入会キャンペーン
  • 年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%
  • リターン・プロテクション年間最高15万円
  • キャンセル・プロテクションあり
  • ショッピング・プロテクション最高500万円
  • コース料理を2名以上で予約すると1名分の料金が無料
  • 国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に15,000円割引になるクーポン
  • 家族カードの年会費が1枚まで無料
  • 海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送
  • プライオリティ・パス無料付帯(年間2回まで無料)
  • 海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯・家族特約あり)
  • スマートフォン・プロテクション最大5万円
デメリット
  • 年会費が高い
  • ダイナースよりも持つのが簡単で希少性が低い
  • ベースのポイント還元率:0.5%
クレジットカードレビュー評価
年会費の安さ
(2.0)
ポイントのお得さ
(2.5)
発行スピード
(2.5)
審査の通りやすさ
(4.0)
限度額の高さ
(4.0)
サポート対応
(4.0)
ステイタス性
(4.0)
保険の手厚さ
(4.5)
海外利用・ホテル優待
(3.5)
レストラン優待
(3.5)
総合評価
(4.0)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード基本情報

  • カード会社 :アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
  • カード分類:ゴールドカード
  • 国際ブランド:AMEX(アメックス)
  • 入会条件:20歳以上
    本人に安定した継続的な収入のある方
  • 発行スピード:通常1~3週間

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード年会費

  • 年会費:31,900円(31,900円)
  • 年会費備考:-
追加カード年会費
  • 家族カード年会費:13,200円(永年無料)
  • 家族カード年会費備考:※発行手数料935円
    ※5枚まで発行可能
  • ETCカード年会費:0円(永年無料)
  • ETCカード年会費備考:※発行手数料935円
    ※5枚まで発行可能

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードポイント

ポイント
  • ポイント還元率 :0.50% ~ 0.50%
  • ポイント有効期限:~36ヶ月
  • ポイントモール:-
  • ポイント特約店:-
  • ポイントアップステージ:-
  • 利用ボーナス:-
  • ポイント備考:※ANAのマイルへ移行するためには「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必要
マイル(マイレージ)
  • マイルへの交換率:ANAマイル(1ポイント=0.5マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=1マイル(年間参加費 3,300円))
    JALマイル(1ポイント=0.3マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=0.4マイル(年間参加費 3,300円))
    スカイマイル(1ポイント=0.5マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=0.8マイル(年間参加費 3,300円))
  • マイル還元率 ANAマイル:-
  • マイル還元率 JALマイル:-
  • マイル還元率 スカイマイル:-

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード電子マネー・スマホ決済

  • 電子マネー機能:-
  • 電子マネーチャージ:楽天Edy
  • 電子マネーチャージでポイント対象:-
  • スマホ決済:Apple Pay

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード限度額・支払方法

  • ショッピング限度額 :- ~ -
  • キャッシング限度額:-
  • 支払方法:国内:1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
    海外:1回払い
  • 締め日・支払日:利用者により異なる

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード保険

ショッピング保険
  • 国内:500万円
  • 海外:500万円
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:10,000万円
  • 海外航空機遅延保険:10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
  • 家族特約:-
  • 付帯条件:利用付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高50万円
  • 入院日額:最高50万円
  • 国内航空機遅延保険:最高200万円
  • 付帯条件:利用付帯

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード良い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード良い口コミ評判まとめ

  • 使って半年でプラチナのインビテーション(招待)が来た
  • 金属製のカード
  • マイルを貯めやすい
  • 家族カードが年会費無料
  • コンシェルジュデスクがある
  • 審査のハードルが低い

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード悪い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード悪い口コミ評判まとめ

  • 年会費が高い
  • ダイナースよりも持つのが簡単で希少性が低い

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードメリット

1.アメックスのプロパーゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • アメックスのプロパーゴールドカード

に該当するクレジットカードです。

日本国内でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを発行しているアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(日本法人に相当)は、自らクレジットカードの発行を手掛けるほか、クレディセゾンなど他の会社と提携したクレジットカードの発行も行っています。

しかし、他の企業と提携したクレジットカード(提携カード)の場合、あくまで「提携先の企業が販売する商品・サービスの拡販を目指す」という目標が先にあるため、経営上許容できる範囲まで審査におけるハードルを低くしているのが実情です。

一方、自社のみで発行するクレジットカード(プロパーカード)の場合

  • 延滞・滞納などのトラブルを起こす可能性が低い人
  • 長期にわたって自社のクレジットカードを使ってくれそうな人

を会員として迎え、利用状況に応じて優遇したほうが、会社にとっては長期的に収益が得られるはずです。

裏を返せば「長く使い続けることで、優遇を受けたい人」は頑張ってプロパーカードを作ったほうが良いでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスのプロパーゴールドカードであるため、利用状況が良ければ上位カードに当たる「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」への招待も受けられます。

最上位カードである「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(俗にいう”ブラックカード”)」となるとかなり道のりは長いですが、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」であれば全く不可能な話でありません。

「クレジットカードを持つなら、希少性=ステータス性の高いものをいずれは目指したい」人には向いているカードです。

2.手厚い入会キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールドは

  • 手厚い入会キャンペーン

で知られるクレジットカードです。

以下の画像にもある通り、入会後3カ月後以内に一定の条件を満たす形でアメリカン・エキスプレス・ゴールドを使うと、最大で40,000ポイント(メンバーシップ・リワード・ポイント)が獲得できます。

「旅行に行く」「引っ越しをするので家具や家電を買い替える」など、まとまった出費が予定されている場合は、タイミングを合わせて申込み、実際に使うと良いでしょう。

3.年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • 年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%

になるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムを利用できます。

利用額100円(加盟店によっては200円のケースも)につき1ポイント(0.3円 ~ 0.5円相当)が付与される仕組みです。

そして、このポイントは

  • 提携航空会社のマイルへの交換
  • カードの利用代金への充当
  • オンラインショッピングでの支払いへの充当
  • 商品・商品券への交換

など、様々な用途に活用できます。

中でも「旅行に行くのが好き」という人にお勧めしたいのが「年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録すること」です。

登録することで、ANAのマイルへの交換レートが一気にアップします。

以下の画像にもあるように

  • メンバーシップ・リワード・プラス登録済みの場合:1,000ポイント = 1,000マイル
  • メンバーシップ・リワード・プラス未登録の場合:2,000ポイント = 1,000マイル

と、交換レートが倍になるのです。

「飛行機はANA派」「ちょっとくらいなら支払っても良いからお得に交換したい」という人は、ぜひ検討しましょう。

4.リターン・プロテクション年間最高15万円

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • リターン・プロテクション年間最高15万円

が受けられるクレジットカードです。

買った商品が不良品だったり、明らかに頼んだものと違うものが届いたりした場合、通常は購入した店舗とやり取りをして返金・交換の対応をしてもらうはずです。

しかし、店舗によっては交渉がうまくいかないケースもあり得ます。

そのような場合でも、決済の際にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを使っていたのであれば

  • 1商品につき最高3万円相当額
  • 1会員口座につき年間最高15万円相当額

まで返金対応をしてもらうことが可能です。

ただし

  • 購入から90日以内に手続きをする
  • 他の保険等により補償が受けられる場合は、そちらを優先して使う

など、細かい条件があるので、実際に利用する際は確認しましょう。

5.キャンセル・プロテクションあり

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • キャンセル・プロテクションあり

のクレジットカードです。

自分や家族の急な病気や、仕事の調整がつかなかったなどの理由で、予定していたイベントや旅行に行けなくなることは往々にして起こり得ます。

そのような場合、キャンセル料がかかった時は年間10万円まで補償してくれる保険として「キャンセル・プロテクション」が付帯しているのです。

仕方のないことではありますが、楽しみにしていた予定がなくなり、しかもお金まで出ていくとなると落ち込んでしまうかもしれません。だからこそ「お金の面だけでも補償が受けられる」のは非常にありがたい話でしょう。

6.ショッピング・プロテクション最高500万円

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • ショッピング・プロテクション最高500万円

のクレジットカードです。

ショッピング・プロテクションとは、平たく言うと「お買物保険」のことです。

つまり、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで購入した商品が、購入から90日以内に破損・盗難に遭った場合、補償が受けられます。

1名につき、年間最高500万円(免責金額1万円)まで補償を受けることが可能です。

トラブルに見舞われないよう注意するのが大前提ですが、万が一見舞われたとしても、経済的な損害は回復できるのが心強いでしょう。

7.コース料理を2名以上で予約すると1名分の料金が無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • コース料理を2名以上で予約すると1名分の料金が無料

になるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というサービスが付帯しています。


簡単に言うと、提携している店舗で所定のコースを2名分予約すると、1名分が無料になる仕組みです。

提携しているレストランは比較的高級な店が多く

  • 家族、友人、恋人の誕生日のお祝い
  • 仕事先との接待

などに活用することもできます。

人気のある店舗やタイミングによっては、予約できないこともありますが、利用できるなら比較的お得なので、一度はトライしてみましょう。

8.国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に15,000円割引になるクーポン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • 国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に15,000円割引になるクーポン

がもらえるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、公式ホテル予約サービス「ザ・ホテル・コレクション」があります。

会員になるだけで

  • 対象ホテルを優待価格で予約できる
  • 館内で利用できる100ドル相当のクーポンがもらえる

という特典が受けられます。

そして、さらにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを使い続けると、1年ごとに「国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に15,000円割引になるクーポン」がもらえるのです。

以下の画像からもわかるように

  • ハイアットリージェンシー
  • ヒルトン
  • インターコンチネンタル

などの高級ホテルも多く含まれているため、記念日旅行などに活用しましょう。

9.家族カードの年会費が1枚まで無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • 家族カードの年会費が1枚まで無料

になるクレジットカードです。

2枚目以降の年会費は13,200円(税込)となる上に、一部の特典は本会員しか対象にならないなど、一定の制約はあります。

それでも、「夫婦で持って家計費の支払いに使う」ことはほぼ問題なくできるので、ポイントも効率的に貯められるはずです。

10.海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • 海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送

してくれるクレジットカードです。本会員・家族会員1名につきスーツケースを1個まで無料配送してくれます。

なお、対応している空港は

  • 羽田空港(第3ターミナル)
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

の4つです。

「重い荷物を持って帰りたくない」という人であれば、覚えておくと何かと便利なサービスなので活用しましょう。

11.プライオリティ・パス無料付帯(年間2回まで無料)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • プライオリティ・パス無料付帯(年間2回まで無料)

のクレジットカードです。

プライオリティ・パスとは、空港ラウンジの共通利用プログラムの1つです。

つまり、会員になると、提携しているラウンジを利用できるのですが、本来であれば使用する際に1回32ドルの支払いが生じます(スタンダード会員の場合)。

しかし、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの会員であれば、年間2回まで無料で提携ラウンジを利用することが可能です。

「そうしょっちゅう海外に行くわけではないけど、年1回くらいは行くのでラウンジが使えるとうれしい」という人は、事前にチェックしておきましょう。

12.海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯・家族特約あり)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • 海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯・家族特約あり)

のクレジットカードです。

つまり

  • 海外航空券
  • 海外行きのパッケージツアー

を予約し、代金をアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払った場合、以下の補償が受けられます。

また、家族会員についても以下の内容で補償を受けることが可能です。

利用付帯であるため「事前に代金を払うのに使う」というプロセスは欠かせませんが、それさえ忘れなければ充実した補償が受けられるのは非常にありがたい話でしょう。

13.スマートフォン・プロテクション最大5万円

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは

  • スマートフォン・プロテクション最大5万円

のクレジットカードです。

つまり、自分のスマートフォンが壊れた場合、修理代金を年間通算5万円まで補償してもらえます。以下の画像の通り、細かい条件がありますが、いざというときのために覚えておきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードデメリット

1.年会費が高い

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリットとして

  • 年会費が高い

ことが挙げられます。31,900円(税込)という価格を見て「別に高くないよ」と言える人は決して多くないでしょう。

  • 仕事柄、国内外への出張が多い
  • 海外・国内を問わず旅行・外出が好き
  • 付帯する海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険の補償額は多いに越したことがない

という人であれば、特典を使いこなすことで年会費以上のお得さは実感できるはずです。

しかし、そうでない人にとっては「単に年会費の高いクレジットカード」と映ってしまうかもしれません。

2.ダイナースよりも持つのが簡単で希少性が低い

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリットとして

  • ダイナースよりも持つのが簡単で希少性が低い

ことが挙げられます。

TwitterなどのSNS上では、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについて

  • 正規雇用で働いていて信用情報に異動が登録されていない人ならまず審査に通る
  • 自営業であっても、過去に延滞・滞納をしておらず、安定して収入があるなら通りやすい

という評判が散見されます。口コミである以上100%真実とは限りませんが、全く根拠のない話とも言い切れないでしょう。

一方、同じゴールドカード相当のダイナースクラブカードは

  • 20代だとなかなか審査に通らない
  • 昔は「一部上場企業の課長以上でないと通らない」という噂まであった

など、かなり審査が厳しいことをにおわせる口コミが多く見られます。

いずれにせよ、審査に通るかどうかはその人次第ですが、1つの傾向として「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ダイナースよりも持つのが簡単で希少性が低い」ことが指摘できるはずです。

ゴールドカードやプラチナカードを持ちたい動機が「希少性=ステータス性が高いクレジットカードを持ちたいから」だった場合は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは満足できないかもしれません。

3.ベースのポイント還元率:0.5%

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリットとして

  • ベースのポイント還元率:0.5%

であることが挙げられます。

世の中には、ポイント還元率が1.0%のクレジットカードもあることを考えると、この数字は決して芳しいとは言えません。

クレジットカード選びにおいて「ポイント還元率が高いこと」を主軸に考えている人であれば、敢えてアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを選ぶメリットは乏しいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード申込手順

1.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサイトに行く

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサイトはこちら

2.必要事項の入力と規約・規定類・重要事項等を確認する

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサイトに行き「お申込みはこちら」をクリックすると、申し込み画面に移ります。

  • 名前(漢字、フリガナ、ローマ字表記)
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 居住形態
  • 自宅郵便番号
  • 住所
  • 主な職業
  • 年収
  • 預貯金・有価証券類
  • アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードの所持状況
  • 他のクレジットカードの所持状況
  • 勤務先名(フリガナも)
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先の区分・雇用形態
  • 業種

の入力が求められるので、確認しながら進めましょう。全て入力し終わると、確認画面が出てくるので、内容に問題がないかをチェックし、送信します。

なお、確認画面では

  • 家族カードの申し込み
  • 優待状況の配信
  • 「フリー・プロテクト・プラン」(無料保険)の付帯

に関しても希望を聞かれるので、希望する場合はチェックしましょう。

3.審査

アメリカン・エキスプレスが審査を行います。

4.カード発行

審査に通過すればカードが発行されます。なお、オンラインでの申し込みの場合、審査には通常10日間ほどかかります。

また、カードは本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で届くため、受け取る際に「本人確認のための公的証明書類」が必要となります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 官公庁が顔写真を貼付した各種福祉手帳(身体障害者手帳など)
  • 官公庁から発行・発給された書類で、その官公庁が顔写真を貼付したもの

のいずれかを用意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・カードよくある質問

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です