法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合レビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査徹底解説

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合とは

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合は、共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートする協同組合「高速情報協同組合」が発行しているクレジット機能のない法人ETCカードです。

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合の特徴は「クレジットの与信審査なし」「請求書による後払い」「出資金1万円(退会時返却)」「年会費(年間手数料)550円」「カード発行手数料550円」「事務手数料:走行料金の8%」「マイレージ機能あり」というものがあります。

クレジット機能がないため、審査が不要で、基本的にはどのような法人でも申し込めて、ETC料金以外の支払い機能がなく、社員に渡しても悪用リスクのない法人ETCカードです。また、ETCマイレージ機能も利用できます。

デメリットは、クレジットカード会社が発行する法人ETCカードと比較すると、年会費、発行手数料、走行手数料が有料なので、コスト高になる点です。

クレジットカード審査に通らない法人、請求書による支払を希望する法人におすすめできる法人ETCカードです。

メリット
  • クレジットの与信審査なし
  • 請求書による後払い
  • 社員の使い込みリスクがない
  • ETCマイレージが利用できる
デメリット
  • 出資金1万円(退会時返却)
  • 年会費(年間手数料)550円
  • カード発行手数料550円
  • 事務手数料:走行料金の8%
発行スピード
(3.0)
審査の通りやすさ
(5.0)
コストの安さ
(5.0)
割引・マイレージ
(1.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(3.5)

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合のコスト

  • 発行手数料:550円
  • 年会費(取扱手数料):550円
  • 出資金:10,000円
  • 走行手数料:8%

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合のサービス

  • ETCカード発行枚数制限:登録車両1台につき最高4枚まで
  • 独自の割引特典:-
  • 車両限定:限定なし
  • マイレージサービス:利用可能

法人ETCカード(セディナカード))/高速情報協同組合の支払い

  • 発行スピード:-
  • 支払いサイト:月末締め翌月20日請求書発行、翌々月8日引き落とし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。