ダイナースクラブ プレミアムカードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査・限度額徹底解説

ダイナースクラブ プレミアムカードとは

ダイナースクラブ プレミアムカードは、三井住友トラストクラブ株式会社が提供しているブラックカードです。Dinersブランドで提供されています。ダイナースクラブカードの利用実績を貯めると、インビテーション(招待)で発行することができます。

ダイナースクラブ プレミアムカードの特徴は「年会費143,000円」「Mastercardの最上位グレード『ワールドエリート』を発行」「ANAマイル還元率:1.0%」「メール対応ができるコンシェルジュデスク」「銀座プレミアムラウンジ」「D’sラウンジトーキョー」「2名以上のご利用で1名分のコース料金が無料。プレミアムカード限定のレストランあり」「『ラウンジ・キー』『プライオリティ・パス」無料付帯」「ホテル優待」「海外旅行傷害保険最高1億円・自動付帯」「国内旅行傷害保険最高1億円:自動付帯」「ショッピング保険最高500万円」などが挙げられます。

最大の特徴は、メール対応ができるコンシェルジュデスクと、銀座プレミアムラウンジ・D’sラウンジトーキョー、プレミアムカード限定のレストラン優待などがあります。

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードを1年間継続利用して、100万円程度利用するとインビテーション(招待)が来るので、比較的発行しやすいブラックカードと言えます。

デメリットは、センチュリオンやラグジュアリーカードゴールドと比較すると若干サービスのレベルが落ちてしまう点です。ただし、その分、年会費は安めの設定です。

ブラックカードの中では年会費が比較的安く、取得難易度が低いブラックカードです。どうしても、ブラックカードが欲しい方におすすめです。

メリット
  • Mastercardの最上位グレード『ワールドエリート』を発行
  • ANAマイル還元率:1.0%
  • メール対応ができるコンシェルジュデスク
  • 銀座プレミアムラウンジ
  • D’sラウンジトーキョー
  • 2名以上のご利用で1名分のコース料金が無料。プレミアムカード限定のレストランあり
  • 『ラウンジ・キー』『プライオリティ・パス』無料付帯
  • ホテル優待
  • 海外旅行傷害保険最高1億円・自動付帯
  • 国内旅行傷害保険最高1億円:自動付帯
  • ショッピング保険最高500万円
  • ブラックカードの取得難易度が低い
デメリット
  • 年会費が高い
クレジットカードレビュー評価
年会費の安さ
(1.5)
ポイントのお得さ
(4.0)
発行スピード
(2.0)
審査の通りやすさ
(1.5)
限度額の高さ
(4.5)
サポート対応
(4.5)
ステイタス性
(4.5)
保険の手厚さ
(4.5)
海外利用・ホテル優待
(4.5)
レストラン優待
(5.0)
総合評価
(4.0)

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカード基本情報

  • カード会社 :三井住友トラストクラブ
  • カード分類:プラチナカード
  • 国際ブランド:Diners
  • 入会条件:ダイナースカード会員で一定の基準を満たし招待された方
  • 発行スピード:-

ダイナースクラブ プレミアムカード年会費

  • 年会費:143,000円(143,000円)
  • 年会費備考:-
追加カード年会費
  • 家族カード年会費:0円(永年無料)
  • 家族カード年会費備考:※5枚まで発行可能
  • ETCカード年会費:0円(永年無料)
  • ETCカード年会費備考:※5枚まで発行可能

ダイナースクラブ プレミアムカードポイント

ポイント
  • ポイント還元率 :0.40% ~ 1.00%
  • ポイント有効期限:無期限
  • ポイントモール:ダイナースクラブポイントモール(ダイナースクラブポイントモールを経由すると、通常のショッピング利用ポイントに加え、ボーナスポイント加算または還元率に応じたキャッシュバックが受けられます。)
  • ポイント特約店:-
  • ポイントアップステージ:-
  • 利用ボーナス:-
  • ポイント備考:-
マイル(マイレージ)
  • マイルへの交換率:ANAマイル(1ポイント=1マイル、1,000ポイント以上、年間交換上限40,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,600円)
    スカイマイル(2ポイント=1マイル、2,000ポイント以上、年間交換上限280,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,600円)
    マイレージプラス(2ポイント=1マイル、2,000ポイント以上、年間交換上限240,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,600円)
  • マイル還元率 ANAマイル:-
  • マイル還元率 JALマイル:-
  • マイル還元率 スカイマイル:-

ダイナースクラブ プレミアムカード電子マネー・スマホ決済

  • 電子マネー機能:-
  • 電子マネーチャージ:楽天Edy
  • 電子マネーチャージでポイント対象:-
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay

ダイナースクラブ プレミアムカード限度額・支払方法

  • ショッピング限度額 :一律の利用制限なし ~ 一律の利用制限なし
  • キャッシング限度額:-
  • 支払方法:国内:1回払い、リボ払い、ボーナス払い
    海外:1回払い
  • 締め日・支払日:15日締め・翌月10日払い

ダイナースクラブ プレミアムカード保険

ショッピング保険
  • 国内(最高額):500万円
  • 海外(最高額):500万円
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
  • 海外航空機遅延保険:9万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円)
  • 家族特約:家族特約
  • 付帯条件:自動付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高50万円
  • 入院日額:最高50万円
  • 国内航空機遅延保険:最高200万円
  • 付帯条件:利用付帯

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカード口コミ評判

ダイナースクラブ プレミアムカード良い口コミ評判

ダイナースクラブ プレミアムカード良い口コミ評判まとめ

  • 限度額が大きい
  • コンパニオンカードが発行される
  • 税金の支払いでお得
  • 乗馬体験無料

ダイナースクラブ プレミアムカード悪い口コミ評判

ダイナースクラブ プレミアムカード悪い口コミ評判まとめ

  • 年会費が高い

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカードメリット

1.Mastercardの最上位グレード『ワールドエリート』を発行

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • Mastercardの最上位グレード『ワールドエリート』を発行

してもらえるクレジットカードです。

日本におけるダイナースクラブカードの発行元である三井住友トラストクラブでは、コンパニオンカードというシステムを採用しています。

つまり、ダイナースクラブカードやダイナースクラブプレミアムカードなど、自社が発行する一定のクレジットカードの会員に向けた追加カードとしてMastercardが付帯したカード(コンパニオンカード)を発行するということです。

ダイナースクラブ プレミアムカードでは、コンパニオンカードとして「TRUST CLUB ワールドエリートカード」が発行されます。

このカードはMastercardの最上級グレードである『ワールドエリート』に分類されるクレジットカードです。

ステイタス性も確保しつつ、Mastercardならではの使い勝手の良さも実感できる、大変便利なカードになっています。

2.ANAマイル還元率:1.0%

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • ANAマイル還元率:1.0%

のクレジットカードです。

まず、ダイナースクラブ プレミアムカードでは、利用額100円(一部、200円の加盟店もあり)ごとに1ポイントが貯まります。

そして、貯まったポイントは1ポイント = 1マイルのレートでANAのマイルに交換できる仕組みです。

つまり、利用額100円ごとに1マイル貯まる計算になるため、ANAマイル還元率は1.0%になります。

3.メール対応ができるコンシェルジュデスク

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • メール対応ができるコンシェルジュデスク

が使えるクレジットカードです。

コンシェルジュデスク自体は珍しいサービスではありませんが、「メール対応ができる」コンシェルジュデスクが使えるクレジットカードはそう多くありません。

ダイナースクラブ プレミアムカードのコンシェルジュデスクは、従来からある電話での対応はもちろん、メール対応も行ってくれます。

「コンシェルジュデスクに頼みたいけど、電話でやり取りする時間がなくて」という人でも、気軽に使えるはずです。

4.銀座プレミアムラウンジ

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • 銀座プレミアムラウンジ

が利用できるクレジットカードです。

ダイナースクラブでは、ダイナースクラブ プレミアムカードをはじめとした上級会員向けのサービスとして、ラウンジ「銀座プレミアムラウンジ」を運営しています。

  • コーヒー、紅茶等の無料提供
  • 専属コンシェルジュへの相談

などのサービスが受けられます。

なお、混雑状況はオンラインでも確認可能です。近くに出向くことがあり、次の用事まで時間が空いてしまった場合などに利用してみましょう。

5.D’sラウンジトーキョー

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • D’sラウンジトーキョー

が利用できるクレジットカードです。

東京駅に直結した大丸東京店の11階には「ダイナースクラブ D’sラウンジトーキョー」があります。

ダイナースクラブ プレミアムカードをはじめとした対象カードの会員であれば、こちらのラウンジを利用可能です。

  • フリードリンクサービス(コーヒー・紅茶)
  • 喫煙ルーム
  • フィッティングルーム
  • 専用クローク
  • 携帯電話、パソコン利用スペース
  • 応接室貸し出し(別途料金が必要)

のサービスが受けられます。

新幹線に乗る前にちょっと仕事をしたい、などの目的でも利用できるので、何かと便利です。

6.2名以上のご利用で1名分のコース料金が無料。プレミアムカード限定のレストランあり

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • 2名以上のご利用で1名分のコース料金が無料。プレミアムカード限定のレストランあり

のクレジットカードです。

ダイナースクラブ プレミアムカード向けの特典の1つに「プレミアム エグゼクティブ ダイニング」があります。

これは、提携先のレストランを2名以上で予約し、所定のコース料理を注文すると、1名分のコース料理が無料になるサービスのことです。

中にはダイナースクラブ プレミアムカード会員だけが予約可能なレストランもあるので、チェックしてみましょう。

7.『ラウンジ・キー』『プライオリティ・パス』無料付帯

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • 『ラウンジ・キー』『プライオリティ・パス』無料付帯

のクレジットカードです。

これらはいずれも国内外の空港ラウンジ共通利用プログラムですが、どちらのプログラムが使えるかは、発行されているカードによって異なります。

  • ダイナースクラブ プレミアムカードのみを発行:プライオリティ・パス
  • TRUST CLUB ワールドエリートカードを追加発行済み:ラウンジ・キー

と覚えておくとわかりやすいです。

8.ホテル優待

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • ホテル優待

が受けられるクレジットカードです。

もともと、ダイナースクラブが発行するクレジットカードは「旅行、エンタメ系の特典が多い」という特徴があります。

下位カードに属するダイナースクラブカードであっても、旅行関連の優待を受けることはできますが、ダイナースクラブ プレミアムカードになるとより優待の幅が広がります。

たとえば

  • マリオットインターナショナル
  • プリファード ホテルズ&リゾーツ

などの高級ホテルチェーンで、ダイナースクラブカード プレミアム会員だけの優待を受けることが可能です。

9.海外旅行傷害保険最高1億円・自動付帯

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • 海外旅行傷害保険最高1億円・自動付帯

のクレジットカードです。

以下の内容の海外旅行保険が自動付帯しています。

項目本会員・家族会員家族特約対象者
傷害死亡・後遺障害最高1億円最高1,000万円
傷害・疾病治療費用1,000万円200万円
賠償責任1億円2,000万円
携行品損害100万円50万円
救援者費用500万円200万円

なお、家族特約の対象者は以下の通りです。

  • カード会員(本会員および家族会員)の配偶者
  • カード会員(本会員および家族会員)またはその配偶者と生計を共にする同居の親族
  • カード会員(本会員および家族会員)またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

また、海外航空便遅延費用保険も自動付帯です。ただし、こちらについては家族特約の設定はありません。

乗継遅延費用最高3万円
出航遅延・欠航搭乗不能費用最高3万円
受託手荷物遅延費用3万円

追加で保険料を支払うことなく、手厚い補償が受けられるのは大きなメリットです。

10.国内旅行傷害保険最高1億円:自動付帯

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • 国内旅行傷害保険最高1億円:自動付帯

のクレジットカードです。

以下の内容の国内旅行傷害保険が付帯しています。なお、家族特約の設定もついています。

項目本会員・家族会員家族特約対象者
死亡・後遺障害最高1億円最高500万円
入院日額5,000円日額5,000円
手術入院中の手術:5万円、
入院中以外の手術:2.5万円
入院中の手術:5万円、
入院中以外の手術:2.5万円
通院日額3,000円日額3,000円

国内旅行中のケガの場合、公的医療保険や労災保険が使えることが多いですが、働けない間の生活費の一部に充てられます。

11.ショッピング保険最高500万円

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • ショッピング保険最高500万円

のクレジットカードです。

つまり、以下の内容の動産総合保険が付帯しています。

補償限度額(年間)500万円
自己負担額1品につき10,000円
対象期間商品の購入日より90日間
対象となる利用国内利用・海外利用

自己負担額として1品につき10,000円発生しますが、それでも幅広い補償が受けられるのは心強いでしょう。

12.ブラックカードの取得難易度が低い

ダイナースクラブ プレミアムカードは

  • ブラックカードの取得難易度が低い

クレジットカードです。

一口にブラックカードといっても、取得難易度は様々です。中には「何をしたら招待が来るのかすらわからない」ほど難易度が高いものも存在します。

しかし、ダイナースクラブ プレミアムカードの場合、比較的取得難易度は(ブラックカードの中では)低い方です。

会社員でも一定の年齢に達していて、有名近業に勤務している場合であれば、十分審査に通るチャンスはあります。

むしろ、ダイナースクラブカードの利用実績が一定水準以上に達しているかが重視されると考えたほうが良さそうです。

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカードデメリット

1.年会費が高い

ダイナースクラブ プレミアムカードのデメリットとして

  • 年会費が高い

ことが挙げられます。

ダイナースクラブ プレミアムカードの年会費は143,000円(税込)です。

ブラックカードであることを考えると、プラチナカードより高いのは当然かもしれませんが、これだけの金額だと即決は難しいでしょう。

実際に検討する際は「自分にとって、これだけの年会費を出す価値があるかどうか」を鑑みるのをおすすめします。

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカード申込手順

1.ダイナースクラブカードのページへ行く

ダイナースクラブカードのページはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

2.規約等に同意する

ページが切り替わったら「お申し込みはこちら」をクリックしましょう。規約等を確認します。

また

  • 運転免許証や運転経歴証明書
  • 金融機関の通帳やキャッシュカード

が必要になるため、準備しましょう。「同意のうえ、次へ進む」をクリックします。

3.必要事項を入力する

画面が切り替わったら、指示に従い、必要事項を入力していきます。全て入力し終わったら、間違いがないか確認し、送信しましょう。

4.審査を受ける

発行元である三井住友トラストクラブにより審査が行われます。

5.発行

審査に通過したら、カードが発行されます。

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカードよくある質問

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブカードからのインビテーション(招待)で発行します。

インビテーション(招待)が必要
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です