アメリカン・エキスプレス・カードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査・限度額徹底解説

アメリカン・エキスプレス・カードとは

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが提供しているAMEXブランドのクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・カードの特徴は「アメックスのプロパーカード」「手厚い入会キャンペーン」「ベースのポイント還元率:0.5%」「年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%」「リターン・プロテクション年間最高15万円」「ショッピング保険最高500万円」「海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送」「プライオリティ・パス無料付帯(利用料有料)」「海外旅行傷害保険最高5,000万円」などが挙げられます。

メリットは、アメックスのプロパーカードという点です。利用実績を積めば、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード(センチュリオン)というクレジットカードの最高のカードまで持てる可能性があります。

また、海外利用時の特典が豊富で、空港ラウンジ、スーツケース配送、携帯レンタル、海外旅行傷害保険、マイルなど、海外旅行、留学、海外出張をする方には活躍するカードとなっています。

デメリットは、年会費が高いこととベースのポイント還元率が低いことです。入会キャンペーンは手厚いものの、お得ではないですし、コストパフォーマンスは悪い点が大きなマイナスポイントです。

今後、ハイスペックなクレジットカードを持ちたい方、アメックスというブランドにカッコよさを感じる方、海外に行く機会が多い方におすすめできるクレジットカードです。

メリット
  • アメックスのプロパーカード
  • 手厚い入会キャンペーン
  • 年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%
  • リターン・プロテクション年間最高15万円
  • ショッピング・プロテクション最高500万円
  • 海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送
  • プライオリティ・パス無料付帯
  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円
デメリット
  • 年会費が高い
  • ベースのポイント還元率が低い
  • 地域によっては加盟店が少なく使いづらい
クレジットカードレビュー評価
年会費の安さ
(3.0)
ポイントのお得さ
(2.5)
発行スピード
(2.5)
審査の通りやすさ
(4.5)
限度額の高さ
(4.0)
サポート対応
(3.0)
ステイタス性
(3.5)
保険の手厚さ
(3.5)
海外利用・ホテル優待
(3.0)
レストラン優待
(3.0)
総合評価
(3.5)

アメリカン・エキスプレス・カード基本情報

  • カード会社 :アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
  • カード分類:一般カード
  • 国際ブランド:AMEX(アメックス)
  • 入会条件:20歳以上
    本人に安定した継続的な収入のある方
  • 発行スピード:通常1~3週間

アメリカン・エキスプレス・カード年会費

  • 年会費:13,200円(13,200円)
  • 年会費備考:-
追加カード年会費
  • 家族カード年会費:6,600円(永年無料)
  • 家族カード年会費備考:※発行手数料935円
    ※5枚まで発行可能
  • ETCカード年会費:0円(永年無料)
  • ETCカード年会費備考:※発行手数料935円
    ※5枚まで発行可能

アメリカン・エキスプレス・カードポイント

ポイント
  • ポイント還元率 :0.50% ~ 0.50%
  • ポイント有効期限:~36ヶ月
  • ポイントモール:-
  • ポイント特約店:-
  • ポイントアップステージ:-
  • 利用ボーナス:-
  • ポイント備考:※ANAのマイルへ移行するためには「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必要
マイル(マイレージ)
  • マイルへの交換率:ANAマイル(1ポイント=0.5マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=1マイル(年間参加費 3,300円))
    JALマイル(1ポイント=0.3マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=0.4マイル(年間参加費 3,300円))
    スカイマイル(1ポイント=0.5マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=0.8マイル(年間参加費 3,300円))
  • マイル還元率 ANAマイル:0.50%
  • マイル還元率 JALマイル:0.60%
  • マイル還元率 スカイマイル:-

アメリカン・エキスプレス・カード電子マネー・スマホ決済

  • 電子マネー機能:-
  • 電子マネーチャージ:楽天Edy
  • 電子マネーチャージでポイント対象:-
  • スマホ決済:Apple Pay

アメリカン・エキスプレス・カード限度額・支払方法

  • ショッピング限度額 :- ~ -
  • キャッシング限度額:-
  • 支払方法:国内:1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
    海外:1回払い
  • 締め日・支払日:利用者により異なる

アメリカン・エキスプレス・カード保険

ショッピング保険
  • 国内:500万円
  • 海外:500万円
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 海外航空機遅延保険:10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
  • 家族特約:-
  • 付帯条件:利用付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高50万円
  • 入院日額:最高50万円
  • 国内航空機遅延保険:最高200万円
  • 付帯条件:利用付帯

アメリカン・エキスプレス・カード口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・カード良い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・カード良い口コミ評判まとめ

  • 高級感がある
  • アメックスのカードがかっこいい
  • 同性カップルでも家族カードが持てる
  • 審査が甘い
  • 利用実績があればブラックカードが持てる

アメリカン・エキスプレス・カード悪い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・カード悪い口コミ評判まとめ

  • 使い勝手が良くない
  • 使える店舗が少ない
  • 年会費が高い

アメリカン・エキスプレス・カードメリット

1.アメックスのプロパーカード

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • アメックスのプロパーカード

です。

クレジットカードを「どういう会社が発行しているのか」を基準に分類すると、大まかには

  • プロパーカード:決済システム=国際ブランドを運営している会社もしくはその会社と初期から提携していた会社が発行するクレジットカード
  • 提携カード:デパートなどの商業施設、電鉄会社など外部の企業と国際ブランドが提携し発行しているクレジットカード

に分けられます。

そして、提携カードは提携先となる企業の集客の手段として発行される側面があるため、プロパーカードに比べると審査難易度が低くなっています。

「ステータス性 = 希少価値」という意味では、プロパーカードに分があるのです。

アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスの日本法人が自前で発行するプロパーカードとして位置付けられています。

そして、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの審査においては「一般カードでの利用実績」が重視されるのが実情です。

将来的にこれらのカードを持ちたいと思うなら、まずは実績作りのために持っておくと良いでしょう。クレジットカードにステータス性を求める人なら、一度は検討する価値のあるカードです。

2.手厚い入会キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • 手厚い入会キャンペーン

でも知られるクレジットカードです。

入会後3カ月以内のカード利用で、最大20,000ポイント(メンバーシップ・リワード・ポイント)が獲得できます。

詳細ですが、以下の画像からもわかるように、入会から3カ月後の累計利用額に応じてポイントが付与される仕組みです。

「引っ越しをする」「旅行に行く」などまとまった出費をする予定がある場合は、そのタイミングに合わせてアメリカン・エキスプレス・カードに申込み、支払いに使うと効率的にポイントが貯められます。

3.年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • 年会費3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイル還元率1.0%

になるクレジットカードです。

本来、アメリカン・エキスプレス・カードのポイントには有効期限があります。以下の図のように、ポイントを全く交換せずに放置しておくと、一定期間後に失効してしまうのです。

しかし

  • 一度でもポイントを交換する
  • メンバーシップ・リワード・プラスに登録する

ことで貯まったポイントの有効期限が無期限(会員でいる限りは有効)になります。

また、メンバーシップ・リワード・プラスに申し込むと、提携航空パートナーへのマイル移行レートがアップします。

特に、ANA(全日本空輸)のマイルに移行したい場合は

  • 1,000ポイント = 1,000マイル

のレートで交換できるので、とてもお得です。還元率に直すと1.0%になります。

旅行、帰省でANA便を使うことが多いなら、旅費を浮かすことができるという意味でも役に立つはずです。

4.リターン・プロテクション年間最高15万円

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • リターン・プロテクション年間最高15万円

のクレジットカードです。

リターン・プロテクションとは簡単にいうと「返品保険」です。

つまり、アメリカン・エキスプレス・カードで購入した商品に何らかの問題があり、返品しようと思っても店舗が受け付けてくれなかった場合、購入日から90日以内であれば、アメリカン・エキスプレスに返却することで、購入金額相当分を支払い元の銀行口座に返金してくれる制度です。

「他に加入している保険や購入した店舗での補償が受けられない場合にのみ適用」という条件がありますが、「こんなはずじゃなかった」というトラブルが防げるのは心強いでしょう。

5.ショッピング・プロテクション最高500万円

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • ショッピング・プロテクション最高500万円

のクレジットカードです。

ショッピング・プロテクションとは、平たく言うと「お買物保険」です。

つまり、購入した商品が何らかの理由で破損したり、盗難に遭ったりした場合、購入日から90日以内であれば、1名につき年間最高500万円まで補償が受けられます。


ただし、1事故につき1万円の免責金額が設定されている(つまり、1万円以下の買い物であれば補償されない)ので注意してください。

国内・海外のいずれの買い物でも補償が受けられるので、万が一トラブルに巻き込まれた場合のリカバリー手段として使えることを覚えておきましょう。

6.海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • 海外旅行の出発・帰国時スーツケース1個を無料で配送

してくれるクレジットカードです。

海外旅行に行くときにネックになることの1つが「スーツケースなど、重い荷物を持ってどう移動するか」でしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードでは、カード会員1名(基本会員、家族会員)につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。

なお、対象となっている空港は以下の通りです。

  • 羽田空港(第3ターミナル)
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

旅行はもちろん、海外出張の際にも使えるので、これらの空港から出国・入国予定の人は活用しましょう。

7.プライオリティ・パス無料付帯

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • プライオリティ・パス無料付帯

のクレジットカードです。

プライオリティ・パスとは空港ラウンジの共通利用プログラムです。

このプログラムに加盟している空港ラウンジを1回32ドルで利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、年会費無料(通常は年会費99ドル)で登録できます。

別途登録手続きが必要ですが、海外旅行・出張中に気軽に休める場所を確保するための手段として使えるのは大きなメリットです。

8.海外旅行傷害保険最高5,000万円

アメリカン・エキスプレス・カードは

  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円

のクレジットカードです。

海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカード自体は珍しくありませんが、最高補償金額はまちまちです。

アメリカン・エキスプレス・カードは傷害死亡・後遺障害の場合に最高で5,000万円まで補償が受けられます。

補償を受けるためには国際便の航空券やツアー料金をアメリカン・エキスプレス・カードで支払う必要がありますが、それだけで万が一に備えられるのは心強いでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードデメリット

1.年会費が高い

アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットとして

  • 年会費が高い

ことが挙げられます。

  • 基本会員:13,200円(税込)
  • 家族会員:6,600円(税込)

なので、決して安いとは言い難いのが実情です。

仮に「夫が基本会員、妻が家族会員」としてアメリカン・エキスプレス・カードを持った場合、毎年会費だけで2万円近くかかる計算になります。

「特典を調べてフル活用する」など、使いこなす努力をしないと、年会費の高さに不満を感じてしまうかもしれません。

2.ベースのポイント還元率が低い

アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットとして

  • ベースのポイント還元率が低い

ことが挙げられます。一般的に、クレジットカードのポイント還元率は0.5%~1.0%が相場です。

アメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率は0.5%と、一般的な相場から大きく外れているわけではありません。

しかし、世の中にはもっとポイント還元率の高いクレジットカードは存在する以上「少しでもポイント還元率が高いものを」と思う人には期待に沿えないでしょう。

3.地域によっては加盟店が少なく使いづらい

アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットとして

  • 地域によっては加盟店が少なく使いづらい

ことが挙げられます。

アメリカン・エキスプレスは名前からもわかるように、もともとはアメリカで運送業・金融業を長年営んできた会社です。

そのため、アメリカ・カナダなどの北米地域ではほぼ問題なく使えますが、それ以外の地域で使えるかどうかはまちまちです。

もちろん、大都市圏にある大型商業施設や高級ホテルであれば使える可能性が高いですが、小さな街の小さな商店では厳しいかもしれません。

念のために、海外旅行に行く際は比較的加盟店が多いVisa、MasterCardが付帯したクレジットカードもサブカードとして持っていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード申込手順

1.アメリカン・エキスプレス・カードのサイトに行く

アメリカン・エキスプレス・カードのサイトはこちら

2.必要事項の入力と規約・規定類・重要事項等を確認する

アメリカン・エキスプレス・カードのサイトに行き「お申込みはこちら」をクリックすると、申し込み画面に移ります。

  • 名前(漢字、フリガナ、ローマ字表記)
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 居住形態
  • 自宅郵便番号
  • 住所
  • 主な職業
  • 年収
  • 預貯金・有価証券類
  • アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードの所持状況
  • 他のクレジットカードの所持状況
  • 勤務先名(フリガナも)
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先の区分・雇用形態
  • 業種

の入力が求められるので、確認しながら進めましょう。全て入力し終わると、確認画面が出てくるので、内容に問題がないかをチェックし、送信します。

なお、確認画面では

  • 家族カードの申し込み
  • 優待状況の配信
  • 「フリー・プロテクト・プラン」(無料保険)の付帯

に関しても希望を聞かれるので、希望する場合はチェックしましょう。

3.審査

アメリカン・エキスプレスが審査を行います。

4.カード発行

審査に通過すればカードが発行されます。なお、オンラインでの申し込みの場合、審査には通常10日間ほどかかります。

また、カードは本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で届くため、受け取る際に「本人確認のための公的証明書類」が必要となります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 官公庁が顔写真を貼付した各種福祉手帳(身体障害者手帳など)
  • 官公庁から発行・発給された書類で、その官公庁が顔写真を貼付したもの

のいずれかを用意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・カードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です