楽天カードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査・限度額徹底解説

楽天カードとは

楽天カードは、楽天カード株式会社が提供しているクレジットカードです。Visa、Mastercard、JCB、AMEXブランドで提供されています。

楽天カードの特徴は「年会費永年無料」「ポイント還元率:1.0%」「楽天市場でポイント還元率:3.0%」「楽天ポイントカード加盟店で楽天カードと2重取りでポイント還元率:2.0%」「楽天市場アプリでポイント還元率:1.5%」「デザインパターンが豊富」「別ブランドで2枚目も作れる」などが挙げられます。

とにかく楽天ポイントが貯まるクレジットカードという位置付けです。楽天市場、楽天グループのサービス、楽天ポイント加盟店でポイント倍増するので、日常のカード利用を楽天に集約していくと、恐ろしいほどポイントが貯まっていきます。楽天ペイ、楽天ポイントカード、楽天Edyと組み合わせて使うこともできます。

その上で、年会費永年無料で、Visa、Mastercard、JCB、AMEXブランドが選べて、カード券面のデザインも豊富と自分の好みのカードをコストをかけずに持てるメリットがあります。

デメリットは、公共料金の支払いがポイント還元率:0.2%と低いことと、ETCカードの年会費が有料な点です。

コストパフォーマンスが高いクレジットカードを探していて、かつ楽天市場、楽天グループのサービスを使う機会が多い方におすすめです。

メリット
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率:1.0%
  • 楽天市場でポイント還元率:3.0%
  • 楽天ポイントカード加盟店で楽天カードと2重取りができる
  • 楽天市場アプリでポイント還元率:1.5%
  • デザインパターンが豊富
  • 別ブランドで2枚目も作れる
  • 貯めたポイントで投資ができる
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 入会キャンペーンが手厚い
デメリット
  • 公共料金の支払いがポイント還元率:0.2%
  • ETCカードの年会費が有料
クレジットカードレビュー評価
年会費の安さ
(4.5)
ポイントのお得さ
(5.0)
発行スピード
(3.0)
審査の通りやすさ
(4.0)
限度額の高さ
(2.5)
サポート対応
(2.0)
ステイタス性
(2.0)
保険の手厚さ
(2.5)
海外利用・ホテル優待
(2.0)
レストラン優待
(2.5)
総合評価
(2.5)

楽天カード基本情報

  • カード会社 :楽天カード
  • カード分類:一般カード
  • 国際ブランド:VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
  • 入会条件:18歳以上
    学生可
  • 発行スピード:通常1週間

楽天カード年会費

  • 年会費:0円(0円)
  • 年会費備考:-
追加カード年会費
  • 家族カード年会費:0円(-)
  • 家族カード年会費備考:※楽天PointClub会員ランクがカード申込時点でプラチナ会員の場合、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの初年度年会費無料
    ※楽天PointClub会員ランクがETCカード年会費請求月にプラチナ会員の場合、次年度1年間の年会費無料
  • ETCカード年会費:550円(-)
  • ETCカード年会費備考:※楽天PointClub会員ランクがカード申込時点でプラチナ会員の場合、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの初年度年会費無料
    ※楽天PointClub会員ランクがETCカード年会費請求月にプラチナ会員の場合、次年度1年間の年会費無料

楽天カードポイント

ポイント
  • ポイント還元率 :1.00% ~ 3.00%
  • ポイント有効期限:~12ヶ月
  • ポイントモール:楽天市場(お買い物通常ポイント1倍+楽天カードの利用で+2ポイントとなり、ポイントが3倍貯まります。)
    ※ご利用特典ポイントの有効期限は付与翌月の末日
  • ポイント特約店:ENEOS(1.5倍)
  • ポイントアップステージ:ご利用特典ポイントの上限は会員ランクによって異なります。(ダイヤモンド会員は15,000ポイント、プラチナ会員は12,000ポイント、ゴールド会員は9,000ポイント、シルバー会員は7,000ポイント、その他会員は5,000ポイント)
  • 利用ボーナス:-
  • ポイント備考:■SPU(スーパーポイントアッププログラム)
マイル(マイレージ)
  • マイルへの交換率:ANAマイル(1ポイント=0.5マイル、50ポイント以上2ポイント単位)
  • マイル還元率 ANAマイル:0.40%
  • マイル還元率 JALマイル:-
  • マイル還元率 スカイマイル:-

楽天カード電子マネー・スマホ決済

  • 電子マネー機能:楽天Edy
  • 電子マネーチャージ:楽天Edy(オートチャージ可)
  • 電子マネーチャージでポイント対象:楽天Edyチャージ(200円で1ポイント)
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

楽天カード限度額・支払方法

  • ショッピング限度額 :10万円 ~ 100万円
  • キャッシング限度額:-
  • 支払方法:国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
    海外:1回払い
  • 締め日・支払日:月末締め・翌月27日払い

楽天カード保険

ショッピング保険
  • 国内(最高額):-
  • 海外(最高額):-
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:2,000万円
  • 海外航空機遅延保険:-
  • 家族特約:-
  • 付帯条件:利用付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高50万円
  • 入院日額:最高50万円
  • 国内航空機遅延保険:最高200万円
  • 付帯条件:利用付帯

楽天カード口コミ評判

楽天カード良い口コミ評判

楽天カード良い口コミ評判まとめ

  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率:1.0%
  • 楽天カードのポイントを投資に使える
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天ポイントの使い勝手が良い
  • 入会キャンペーンが手厚い

楽天カード悪い口コミ評判

楽天カード悪い口コミ評判まとめ

  • 信用できない
  • 公共料金のポイント還元率が低い

楽天カードメリット

1.年会費永年無料

楽天カードは

  • 年会費永年無料

のクレジットカードです。

一般カードに当たる「楽天カード」のまま持っている限りは、年会費はかかりません。

なお、楽天ゴールドカード(低価格版のゴールドカードに相当)、楽天プレミアムカード(一般的なゴールドカードに相当)や楽天ブラックカード(招待制、プラチナカードに相当)にアップグレードする場合は、当然年会費がかかります。

  • 楽天ゴールドカード:2,200円(税込)
  • 楽天プレミアムカード:11,000円(税込)
  • 楽天ブラックカード:33,000円(税込)

です。

アップグレードを考えていないのであれば、年会費はずっと無料で抑えられるのは、大きなメリットでしょう。

2.ポイント還元率:1.0%

楽天カードは

  • ポイント還元率:1.0%

のクレジットカードです。

つまり、楽天市場をはじめとした楽天傘下の店舗・サービス以外で使った場合でも、決済額100円につき1ポイント(楽天ポイント)が付与されます(一部例外あり)。

1ポイント=1円として換算した場合、ポイント還元率は1.0%になる仕組みです。

一般的に、クレジットカードのポイント還元率は0.5% ~ 1.0%が相場と言われています。相場の中ではトップランクに属するため、お得さは抜群です。

3.楽天市場でポイント還元率:3.0%

楽天カードは

  • 楽天市場でポイント還元率:3.0%

のクレジットカードです。

つまり、楽天傘下のオンラインショッピングモール「楽天市場」で買い物をする際、決済に楽天カードを使うと利用額の3.0%がポイント還元されます。

  • 通常付与分(どのような決済方法でも付与される):100円(税込)につき1ポイント(1.0%)
  • 決済に楽天カードを使うことによる上乗せ分:100円(税込)につき2ポイント(2.0%)

という仕組みです。

この他にも、毎月「5」と「0」が付く日に楽天市場で買い物をすると、さらに100円(税込)につき2ポイント(2.0%)が上乗せされ、合計で5.0%のポイント還元が受けられます。

タイミングを計って買い物すれば、かなり効率よくポイントが貯められるので、計画的に使いましょう。

4.楽天ポイントカード加盟店で楽天カードと2重取りができる

楽天カードは

  • 楽天ポイントカード加盟店で楽天カードと2重取りができる

のクレジットカードです。

楽天傘下の店舗・サービスでなくても、楽天ポイントカードに加盟している店舗・サービスはたくさんあります。

このような店舗・サービスを利用する際に、楽天カードを使って決済すると

  • 楽天ポイントカードを提示したことによるポイント付与分
  • 楽天カードで決済したことによるポイント付与分

の2種類のポイントが一気に受け取れるのです。

例えば、楽天ポイントカード加盟店であるマクドナルドで400円(税込)分利用した場合を想定してみましょう。

  • 楽天ポイントカードを提示したことによるポイント付与分:400円(税込) ÷ 200円(税込) × 1ポイント = 2ポイント
  • 楽天カードで決済したことよるポイント付与分:400円(税込) ÷ 100円(税込) × 1ポイント = 4ポイント

の合計6ポイントが付与させる計算になります。

楽天ポイントカード加盟店は徐々に増えつつあるので、買い物・食事などで利用することがあればこの仕組みを知っておくと便利でしょう。

5.デザインパターンが豊富

楽天カードは

  • デザインパターンが豊富

なクレジットカードです。

通常のデザインの他にも、自分の好みに合わせてデザインを選べます。選べるデザインと対応ブランドをまとめました。

デザイン名 対応している国際ブランド
楽天カードお買いものパンダデザイン Visa、MasterCard、JCB、Amex
楽天PINKカードお買いものパンダデザイン Visa、MasterCard、JCB、Amex
楽天カードFCバルセロナエンブレムデザイン MasterCard、JCB
楽天カードFCバルセロナプレイヤーデザイン MasterCard、JCB
楽天カード(ミニーマウス デザイン) JCB
楽天カード(ミッキーマウス デザイン) JCB
楽天PINKカード(ミニーマウス デザイン) JCB
楽天PINKカード(ミッキーマウス デザイン) JCB
楽天カード 楽天イーグルスデザイン MasterCard、JCB
楽天カード YOSHIKIデザイン MasterCard
楽天カード ヴィッセル神戸デザイン MasterCard
楽天カード イニエスタデザイン MasterCard

デザインによって対応しているブランドが異なる点には注意が必要ですが、自分が好きなデザインを選べます。

6.別ブランドで2枚目も作れる

楽天カードは

  • 別ブランドで2枚目も作れる

クレジットカードです。

楽天カードで扱っている国際ブランドは

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • Amex

の4つですが、JCBやAmexを普段使いしている人でも「サブカードとしてVisaやMasterCardを持っておきたい」と思うかもしれません。

そのような場合でも、別ブランド・デザインのカードを追加できます。

もちろん

  • 気に入ったデザインがあったので追加したい
  • 利用シーンに合わせて使い分ける
  • 支払元となる口座で分ける

などの理由で2枚目のカードを発行しても構いません。

楽天ポイントを貯められる機会がより増えるという意味でも、見当の価値はあるでしょう。

7.貯めたポイントで投資ができる

楽天カードは

  • 貯めたポイントで投資ができる

クレジットカードです。

楽天傘下の証券会社・楽天証券では「ポイント投資」というサービスを提供しています。

文字通り「楽天ポイントを使って投資ができる = 金融商品の購入代金・手数料の支払いに、楽天ポイントを充当できる」サービスと考えましょう。

なお、対象となる金融商品は

  • 投資信託
  • 国内株式(現物)
  • バイナリーオプション

の3つです。

多額の現金を用意しなくても投資が始められるので、良いきっかけ作りになるでしょう。

8.海外旅行傷害保険:最高2,000万円

楽天カードは

  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

のクレジットカードです。

海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカード自体は珍しくありませんが、年会費が無料のものの場合

  • 付帯していない
  • 付帯してはいるが最高補償額(死亡・後遺障害の場合に受け取れる保険金の最高額)が数百万円程度

であることは珍しくありません。

しかし、楽天カードの場合、年会費が無料ではあるものの、最高補償額が2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。

詳しい内容は以下の通りです。

実際に補償を受けるためには「楽天カードでパッケージツアーや海外航空券を購入すること」という条件がついていますが、いざという時の備えにするために知っておくと良いでしょう。

9.入会キャンペーンが手厚い

楽天カードは

  • 入会キャンペーンが手厚い

クレジットカードです。

以下の画像にもある通り

  • 楽天カードを申し込み、手元に届いた後、会員専用Webページ(楽天e-NAVI)の設定を済ます
  • 楽天カード申込日の翌月末までに決済に使い、かつ、楽天カード申込日の翌々月25日までに支払元となる銀行口座の設定を済ます

の2つの条件を満たせば、5,000ポイント(楽天ポイント)が受け取れます。

5,000ポイントあれば割といろいろなことに使えるはずなので、大変にお得です。

楽天カードデメリット

1.公共料金の支払いがポイント還元率:0.2%

楽天カードのデメリットとして

  • 公共料金の支払いがポイント還元率:0.2%

であることが挙げられます。

楽天カードを使って支払いをすると、本来であれば100円(税込)につき1ポイント貯まりますが、水道・ガス・電気代などの公共料金に使った場合は、500円(税込)につき1ポイントが付与されます。

国税、地方税を楽天カードを使って支払った場合も「500円につき1ポイント」というのは変わりません。

「気にしないで使う」か「公共料金に関しては他のクレジットカードを使う」かを考えなくてはいけません。

2.ETCカードの年会費が有料

楽天カードの他のデメリットとしては

  • ETCカードの年会費が有料

であることが挙げられます。

楽天カードの会員であっても、楽天ポイントクラブ会員としてのランクが

  • プラチナ会員
  • ダイヤモンド会員

である場合は無料になりますが、該当しない場合は550円(税込)の年会費がかかります。

また、家族カードに紐づいたETCカードは発行してもらえません。「ETCカードも、家族カードと同じ追加カードである」という立場をとっているためです。

地方など「1人に1台自動車が必要」という地域に住んでいるなど、一家で複数枚のETCカードが必要な場合は少々厳しいかもしれません。

楽天カード申込手順

1.楽天カードのサイトに行く

楽天カードのサイトはこちら

2.必要事項の入力と規約・規定類・重要事項等を確認する

楽天カードのサイトに行き、申し込みを済ませましょう。なお

  • 既に楽天会員である場合は「楽天会員の方」から
  • まだ楽天会員でない場合は「楽天会員でない方」から

この先の手続きを進めるようにしてください。

  • 希望する国際ブランド
  • 希望する券面のデザイン
  • 名前(漢字、ひらがな、ローマ字)
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号(自宅・携帯)
  • メールアドレス
  • 楽天カード・楽天ポイントカードのメールマガジン受取の有無
  • 住所
  • 家族構成
  • 世帯人数(同一生計の人数)
  • 居住状況
  • 居住年数
  • 住宅ローン、家賃の支払い
  • 勤務先・学校に関する情報
  • 預貯金額
  • 請求書送付先
  • カード入会後の利用目的
  • 他社からの借入金額
  • Edy機能の付帯
  • Edyオートチャージ設定
  • 楽天Edyからのメールマガジンの受け取りの有無
  • 支払元となる銀行口座の登録
  • 希望する暗証番号

などを入力する必要があります。

3.審査を受ける

必要な情報を入力し、送信したら審査が始まります。

なお、入会審査・カードの発行状況は、専用のWebページから確認できます。

情報を送信した後「お申し込み受付のお知らせ」というメールが届きますが、そこに記載されている

  • カード申し込み受付ID
  • 生年月日
  • 電話番号(下4桁)

を使ってログインしましょう。

4.カード発行

審査に通過すればカードが発行されます。

手元に届くまでの期間は、「お申し込み受付のお知らせ」メールが届いてから1週間 ~ 10日程度を見込んでおくと良いでしょう。

もちろん

  • 年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休中の申し込み
  • 審査状況
  • 配送地域

が原因でこれより遅くなることもあります。

なお、カード配送状況の確認も、先ほど説明した専用Webページから閲覧が可能です。

楽天カードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です