三井住友カード プラチナプリファードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査・限度額徹底解説

三井住友カード プラチナプリファードとは

三井住友カード プラチナプリファードは、三井住友カード株式会社が提供しているプラチナカードです。Visaブランドで提供されています。

三井住友カード プラチナプリファードの特徴は「ポイント還元に特化したプラチナカード」「年会費33,000円」「家族カード無料」「ポイント還元率1.0%」「プリファードストア(特約店)+1~9%」「外貨ショッピング利用特典+2%」「手厚い入会キャンペーン」「海外旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯・家族特約あり」「国内旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯・家族特約あり」「ショッピング保険最高500万円」「ショッピング限度額最大500万円」などが挙げられます。

最大の特徴は、ポイントに特化したプラチナカードである点です。ベースのポイント還元率は1.0%ですが、プリファードストア(特約店)、例えば、一休.com+6.0%、Expedia+9.0%、ふるなび+2.0%、ETC+2.0%、コンビニ+2.0%、マクドナルド+2.0%などで、多くの利用シーンでポイントが倍増します。その上で、外貨ショッピング利用特典+2%、入会キャンペーンがあるため、多くのポイントを貯めることができるプラチナカードです。

デメリットは、プラチナカードとしての魅力は、保険ぐらいしかない点です。そのため、貯まるポイントが年会費負担よりも大きくなるかどうか?だけが三井住友カード プラチナプリファードをおすすめできるかどうかの分岐点となります。

年間100万円以上のカード利用が見込める方にとっては、年会費分のポイントを貯められる可能性が高く、おすすめできるプラチナカードとなります。

メリット
  • ポイント還元に特化したプラチナカード
  • 家族カード無料
  • プリファードストア(特約店)+1~9%
  • 外貨ショッピング利用特典+2%
  • 手厚い入会キャンペーン
  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯・家族特約あり
  • 国内旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯
  • ショッピング保険最高500万円
  • ショッピング限度額最大500万円
デメリット
  • ポイント以外の特典が手薄
  • 年会費が高くて元が取れない
クレジットカードレビュー評価
年会費の安さ
(2.5)
ポイントのお得さ
(5.0)
発行スピード
(3.0)
審査の通りやすさ
(2.0)
限度額の高さ
(4.0)
サポート対応
(3.0)
ステイタス性
(3.5)
保険の手厚さ
(3.0)
海外利用・ホテル優待
(2.0)
レストラン優待
(2.0)
総合評価
(3.0)

三井住友カード プラチナプリファード基本情報

  • カード会社 :三井住友カード
  • カード分類:プラチナカード
  • 国際ブランド:VISA
  • 入会条件:20歳以上
    本人に安定した継続的な収入のある方
  • 発行スピード:-

三井住友カード プラチナプリファード年会費

  • 年会費:33,000円(33,000円)
  • 年会費備考:-
追加カード年会費
  • 家族カード年会費:0円(永年無料)
  • 家族カード年会費備考:-
  • ETCカード年会費:0円(永年無料)
  • ETCカード年会費備考:-

三井住友カード プラチナプリファードポイント

ポイント
  • ポイント還元率 :1.00% ~ 10.00%
  • ポイント有効期限:~48ヶ月
  • ポイントモール:-
  • ポイント特約店:セブン‐イレブン(3倍)、ローソン(3倍)、ファミリーマート(3倍)、三越(3倍)、伊勢丹(3倍)、大丸(3倍)、松坂屋(3倍)、高島屋(3倍)、阪急百貨店(3倍)、阪神百貨店(3倍)、ドトールコーヒー(2倍)、蔦屋書店(3倍)、マクドナルド(3倍)、ANAグループ加盟店(2倍)
  • ポイントアップステージ:-
  • 利用ボーナス:年間ショッピング利用額に応じて毎年最大40,000ポイント付与(年間100万円利用ごとに10,000ポイントプレゼント)
  • ポイント備考:-
マイル(マイレージ)
  • マイルへの交換率:ANAマイル
  • マイル還元率 ANAマイル:-
  • マイル還元率 JALマイル:0.50%
  • マイル還元率 スカイマイル:0.50%

三井住友カード プラチナプリファード電子マネー・スマホ決済

  • 電子マネー機能:-
  • 電子マネーチャージ:iD利用、楽天Edy
  • 電子マネーチャージでポイント対象:-
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

三井住友カード プラチナプリファード限度額・支払方法

  • ショッピング限度額 :150万円 ~ 500万円
  • キャッシング限度額:2回払い、リボルビング払い、分割払い、およびボーナス一括払いの利用は0~200万円
  • 支払方法:国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
    海外:1回払い、リボ払い
  • 締め日・支払日:①15日締め・翌月10日払い、②月末締め・翌月26日払い

三井住友カード プラチナプリファード保険

ショッピング保険
  • 国内:500万円
  • 海外:500万円
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:5,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
  • 海外航空機遅延保険:-
  • 家族特約:家族特約
  • 付帯条件:自動付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高50万円
  • 入院日額:最高50万円
  • 国内航空機遅延保険:最高200万円
  • 付帯条件:利用付帯

三井住友カード プラチナプリファード口コミ評判

三井住友カード プラチナプリファード良い口コミ評判

三井住友カード プラチナプリファード良い口コミ評判まとめ

  • ポイント還元率が高い
  • Amazonで10%キャッシュバック
  • デザインがカッコいい
  • 限度額が大きい

三井住友カード プラチナプリファード悪い口コミ評判

三井住友カード プラチナプリファード悪い口コミ評判まとめ

  • 年会費の元が取れない

三井住友カード プラチナプリファードメリット

1.ポイント還元に特化したプラチナカード

三井住友カード プラチナプリファードは

  • ポイント還元に特化したプラチナカード

です。

公式Webサイトには「ポイント特化型プラチナカード」と書いてあるように、ポイント還元を重視した商品設計がなされています。

まず、Visaの加盟店であれば、どこで使っても利用額100円ごとに1ポイントが付与されます。ポイント還元率に直すと1.0%です。

クレジットカードのポイント還元率が下がりつつある中で、この数字はかなり健闘している方でしょう。

2.家族カード無料

三井住友カード プラチナプリファードは

  • 家族カード無料

のクレジットカードです。

三井住友カード プラチナプリファードの年会費は以下のようになっています。

  • 本会員:33,000円(税込)
  • 家族会員:無料

支払をまとめたい場合に、誰か1人を本会員にし、残りの人は家族会員として持つ際も家族カードを追加することによる費用はかかりません。

3.プリファードストア(特約店)+1~9%

三井住友カード プラチナプリファードは

  • プリファードストア(特約店)+1~9%

のクレジットカードです。

三井住友カード プラチナプリファードの特徴として、プリファードストア(特約店)制度が挙げられます。

つまり、対象の特約店で利用すると、本来のクレジットカード決済によるポイント還元に加え、その特約店を利用したことによるポイントが上乗せされるのです。

例えば、コンビニだけ見ても

  • セブンイレブン:+2%
  • ファミリーマート:+2%
  • ローソン:+2%
  • アズナス:+1%
  • セイコーマート:+1%
  • デイリーヤマザキ:+1%
  • ポプラ:+1%

と、ポイント還元率をアップさせられる店舗が多く揃っています。

日常生活で使うことが多いジャンルの店舗・サービスが特約店として多く並ぶため、普段の生活に取り入れれば、ポイントをより効率的に貯められます。

4.外貨ショッピング利用特典+2%

三井住友カード プラチナプリファードは

  • 外貨ショッピング利用特典+2%

のクレジットカードです。

海外で三井住友カード プラチナプリファードを利用し、外貨建てで支払った場合、利用額100円につき3ポイントが付与されます。

付帯している国際ブランドはVisaであるため、海外であっても比較的場所を問わず使いやすいはずです。

5.手厚い入会キャンペーン

三井住友カード プラチナプリファードは

  • 手厚い入会キャンペーン

で知られるクレジットカードです。

つまり、入会月の3ヶ月後末までに40万円以上利用すると、40,000ポイントがプレゼントされます。

また、継続特典として、毎年100万円の利用額ごとに10,000ポイント(最大40,000ポイント)がプレゼントされる仕組みです。

6.海外旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯・家族特約あり

三井住友カード プラチナプリファードは

  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯・家族特約あり

のクレジットカードです。

以下の内容の海外旅行傷害保険が付帯しています。

傷害死亡・後遺障害最高5,000万円(うち自動付帯1,000万円)
傷害治療費用(1事故の限度額)300万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 300万円
賠償責任(1事故の限度額)5,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
50万円
救援者費用
(1年間の限度額)
500万円

なお、傷害死亡・後遺障害時の補償額は最高で5,000万円に設定されていますが、このうち4,000万円は利用付帯です。

つまり、 三井住友カード プラチナプリファードを

  • 航空券・バス・電車などの公共交通機関利用代金の支払
  • パッケージツアーの参加料金の支払

に使った場合、補償が受けられます。

また

  • 本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
  • 本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

であれば、家族特約により、以下の内容の補償を受けることが可能です。

傷害死亡・後遺障害最高1,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額)200万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 200万円
賠償責任(1事故の限度額)2,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
50万円
救援者費用
(1年間の限度額)
200万円

7.国内旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯

三井住友カード プラチナプリファードは

  • 国内旅行傷害保険最高5,000万円・一部利用付帯・家族特約あり

のクレジットカードです。

以下の内容の国内旅行傷害保険が付帯しています。

傷害死亡・後遺障害最高5,000万円(うち自動付帯1,000万円)
入院保険金日額
<フランチャイズ7日>
5,000円
通院保険金日額
<フランチャイズ7日>
2,000円
手術保険金最高20万円

なお、傷害死亡・後遺障害時の補償額は最高で5,000万円に設定されていますが、このうち4,000万円は利用付帯です。

本会員であっても、家族会員であっても補償は受けられますが、海外旅行傷害保険の時のように、家族特約は設けられていないので注意しましょう。

8.ショッピング保険最高500万円

三井住友カード プラチナプリファードは

  • ショッピング保険最高500万円

のクレジットカードです。

つまり、三井住友カード プラチナプリファードを使って購入した商品が、購入日および購入日の翌日から200日以内に破損・盗難に遭った場合、補償が受けられます。

なお、

  • 1年間の補償限度額:500万円
  • 1事故の自己負担額:3,000円

となっています。

9.ショッピング限度額最大500万円

三井住友カード プラチナプリファードは

  • ショッピング限度額最大500万円

のクレジットカードです。

プラチナカードだけあって、ショッピング限度額の上限はかなり高めに設定されています。まとまった出費があったとしても、十分に対応できそうです。

三井住友カード プラチナプリファードデメリット

1.ポイント以外の特典が手薄

三井住友カード プラチナプリファードのデメリットとして

  • ポイント以外の特典が手薄

なことが挙げられます。

他のプラチナカードに備わっている

  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジの利用プログラム
  • ホテル、レストランの優待

などはありません。

あくまで「ポイントを貯めること」に重きを置いたプラチナカードなので、この辺りを期待するなら、別のプラチナカードを選んだほうが良いでしょう。

2.年会費が高くて元が取れない

三井住友カード プラチナプリファードのデメリットとして

  • 年会費が高くて元が取れない

ことが挙げられます。

年会費が33,000円(税込)、ベースのポイント還元率が1.0%ということは、単純計算で330万円使わないと元がとれないことになります。

もちろん、実際はポイント還元率がアップする店舗も使えば、330万円を使わずとも元は取れるかもしれません。

しかし、ポイント目当てであれば、年会費無料でもポイント還元率は1.0%を達成しているクレジットカードを選べば良いだけのことです。

三井住友カード プラチナプリファードでなくてはいけない、という決め手には欠けるかもしれません。

三井住友カード プラチナプリファード申込手順

1.三井住友カード プラチナプリファードのサイトに行く

三井住友カード プラチナプリファードのサイトはこちら

2.必要事項を入力する

オンライン申込の必要事項を入力します。

必要事項には、下記のものがあります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 職業
  • 預貯金が苦
  • 世帯
  • 住まい
  • 国籍

3.カードサービスを入力する


ご希望のカードサービスの情報を入力します。

  • 暗証番号
  • 取引目的
  • 支払日
  • 追加カード
  • 家族カード

4.支払口座の設定


インターネット上で、クレジットカードの引き落とし口座の登録が可能です。

5.審査


三井住友カード株式会社が審査を行います。

6.カード発行


カードが発行されます。

三井住友カード プラチナプリファードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です