Airカードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査徹底解説

Airカードとは

Airカードは、株式会社リクルート が提供している個人事業主、法人向けの法人カードの一般カードです。JCBブランドで提供されています。

Airカードの特徴は「ポイント還元率:1.5%」という業界No.1のポイント還元率です。さらにポンパレモールで還元率3.0%、じゃらんで還元率2.0%、ホットペッパーグルメで人数×50ポイントなどリクルートサービスでのポイント倍増特典もあります。Airカードで貯めたポイントは、dポイントやPontaポイントに交換できるため、ポイントの使い勝手も良い法人カードです。入会キャンペーンも不定期ですが、展開されています。

Airカードは、ポイントだけに力を集約した法人カードと言えます。

ポイントだけに力を入れている分、それ以外のデメリットは多く、審査が厳しい、限度額が小さい、一般カードにしては年会費が高い、解約や明細が使いにくいなど、欠点も多い法人カードと言えます。

法人カードを持っている理由は「ポイントを貯めたいから」という割り切った方におすすめできる法人カードです。年会費が5,500円と高いので、一定額以上のカード利用がある方にメリットが出てくる法人カードとも言えます。

メリット
  • 業界トップクラスのポイント還元率:1.5%
  • ポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーグルメでポイント倍増
  • ポイントがdポイントやPontaポイントに交換できる
  • 不定期で入会キャンペーンを展開
デメリット
  • 一般カードにしては年会費が高い
  • 審査が厳しい
  • 限度額が小さい
  • 解約が書面
法人カードレビュー評価
発行スピード
(4.0)
審査の通りやすさ
(2.5)
限度額の高さ
(3.5)
管理画面・明細
(3.5)
ポイントのお得さ
(5.0)
年会費の安さ
(3.5)
サポート対応
(3.0)
ステイタス性
(2.0)
海外利用・ホテル優待
(1.5)
レストラン優待
(1.5)
総合評価
(3.5)

Airカード年会費

  • 年会費:5,500円
  • 年会費優遇条件:-
  • 年会費特典:【年会費特典】初年度年会費無料
追加カード年会費
  • 追加カード年会費:3,300円(発行枚数制限:-)
  • ETCカード年会費:0円(発行枚数制限:-)

Airカードポイント・マイル・キャッシュバック

ポイント
  • ポイント還元率 :1.50% ~ 1.50%
  • ポイント倍増方法:●リクルートサービス ポンパレモール:3.0% じゃらん:2.0% ホッテペッパー:人数×50ポイント
  • ポイントサイト経由のポイント倍増:-
  • ポイントプログラム名:リクルートポイント
キャッシュバック
  • キャッシュバック :-
マイル(マイレージ)
  • マイル還元率 :0.75% ~ 0.75%
  • マイル取得方法:●ポイント交換 リクルートポイント → Pontaポイント Pontaポイント → JALマイル:1p → 0.5mile
  • フライトマイルボーナス:-

Airカード限度額

  • ショッピング枠 :10万円 ~ 100万円
  • キャッシング枠:- ~ -

Airカード保険

ショッピング保険
  • 国内:-
  • 海外:最高100万円
  • 付帯条件:カード購入+90日間
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:-
  • 海外航空機遅延保険:-
  • 家族特約:-
  • 付帯条件:-
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:-
  • 入院日額:-
  • 国内航空機遅延保険:-
  • 付帯条件:-

Airカード口コミ評判

Airカード良い口コミ評判

Airカード良い口コミ評判まとめ

  • ポイント還元率:1.5%
  • 入会キャンペーンが手厚い

Airカード悪い口コミ評判

Airカード悪い口コミ評判まとめ

  • 限度額が小さい
  • 審査が厳しい
  • 解約が書面
  • 明細がPDFで発行できない

Airカードメリット

1.業界トップクラスのポイント還元率:1.5%

Airカードは

  • 業界トップクラスのポイント還元率:1.5%

を誇る法人カードです。

法人カードも含めたクレジットカードのポイント還元率は0.5% ~ 1.0%が相場といったところでしょう。

しかし、Airカードの発行元であるリクルートは、個人向けのクレジットカード「リクルートカード」でも利用額の1.2%にものぼるポイント還元を行うなど、ポイント還元率の高さに定評があるクレジットカードを発行してきました。

このような背景もあってか、Airカードでは法人カードではトップクラスのポイント還元率(1.5%)を誇ります。

「できるだけポイント還元率が高いものが良い」という人には、おすすめできる法人カードです。

2.ポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーグルメでポイント倍増

Airカードは

  • ポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーグルメでポイント倍増

の法人カードです。

Airカードは発行元がリクルートであることからもわかるように、リクルートおよびグループ会社が提供するサービスの利用促進も発行の目的の1つに含まれています。

そのためAirカードで以下のサービスを利用した場合、さらにポイント還元率がアップする仕組みです。

  • ポンパレモール(通販):商品によって異なるが3.0%以上
  • じゃらん(ホテル・旅館予約サービス):2.0%
  • ホットペッパーグルメ(レストラン予約サービス):人数 × 50ポイント(要ネット予約)

出張時のホテルの手配や従業員との食事会・接待、ビジネスで使う備品の購入など、活用シーンを考えれば、さらに効率的にポイントを貯められます。

3.ポイントがdポイントやPontaポイントに交換できる

Airカードは

  • ポイントがdポイントやPontaポイントに交換できる

法人カードです。

Airカードではリクルートポイントが貯められますが、このリクルートポイントはdポイントやPontaポイントに交換できます。

1対1で交換できるのでわかりやすい上に、dポイントやPontaポイントに交換することで、JALのマイルに交換することも可能です。

もちろん、dポイントやPontaポイントの加盟店での買い物にも利用できます。

比較的使える範囲が広いポイントであるため、活用シーンも増えるでしょう。

4.不定期で入会キャンペーンを展開

Airカードは

  • 不定期で入会キャンペーンを展開

している法人カードです。

入会キャンペーンの内容は、開催時期によって異なりますが、今回は2021年11月から2021年1月まで開催のキャンペーンを例にとって見てみましょう。

こちらの画像からもわかるように

  • Airカード発行でもれなく3,000円ポイントプレゼント
  • 初年度年会費が無料

になります。

急ぎでないなら、キャンペーンが開催されている時期を狙って申し込んでみると、より一層お得になるはずです。

Airカードデメリット

1.一般カードにしては年会費が高い

Airカードのデメリットとして

  • 一般カードにしては年会費が高い

ことが指摘できます。

年会費は5,500円(税込)ですが、一般カードに分類される法人カードとして考えた場合、これはかなり割高です。

年会費が実質無料もしくは1,000円台の法人カードもたくさんある以上、「ポイントを貯めたい」「リクルートが運営するサービスを使う」「dポイントやPontaポイント、JALマイルを集めている」など、Airカードでなくてはいけない確固たる理由がないと、少々二の足を踏む値段かもしれません。

2.審査が厳しい

Airカードのデメリットとして

  • 審査が厳しい

ことが指摘できます。

実際に審査に通るかどうかは、申込をした人の状況やタイミングによっても異なるため一概には言えませんが、SNS上の口コミを見ている限りでは「審査に落ちた」という声もちらほら見受けられます。

「よほどのことがないと、審査には落ちない」と言い切れる状況でもないため、注意が必要です。

確実に法人カードを手に入れたいなら、審査に通りやすい他のカードとも比較検討してみましょう。

3.限度額が小さい

Airカードのデメリットとして

  • 限度額が小さい

ことが指摘できます。

実際の利用限度額は、個々の支払い能力やその他の状況に照らし合わせて決定されるため、一概には言えませんが、10万円から100万円の間で設定される仕組みです。

しかし、実際に事業を営んでいく場合、支出が重なってしまうと、たとえ100万円利用限度額があったとしても、あっという間に余裕がなくなってしまうことだって十分に考えられます。

どうしてもAirカードを使いたいなら、サブカードとして法人カードをもう1枚用意しておき、限度額に注意しながら使う方が良いかもしれません。

4.解約が書面

Airカードのデメリットとして

  • 解約が書面

でなくてはいけないことが指摘できます。

Airカードを解約する際は、提携先である株式会社ジェーシービーの法人カードの取り扱い規定に従って進められます。

簡単にまとめると「まず問い合わせをし、書類一式を送ってもらって、記入して返送する」ということです。

個人向けのクレジットカードや一般的な法人カードのようにオンラインや電話のみの手続きで解約できない点には、注意が必要です。

Airカード申込手順

1.Airカードのサイトに行く

Airカードのサイトはこちら

2.AirIDを作る

Airカードを作るには、AirIDが必要になります。このAirIDで、リクルートが提供する様々な業務支援サービスが利用できるようになる仕組みです。

まずは、メールアドレス(後から変更可能)を入力しましょう。すると、認証コードが届くので、入力して先に進めてください。

  • AirID(アカウント名)
  • 氏名
  • パスワード
  • 店舗名
  • 業種
  • 電話番号
  • 店舗の所在地

などの必要事項を入力しましょう。完了すると、Airカードが作れるようになります。

3.規約等を確認し、必要事項を入力する

AirIDについての確認画面が出てくるので、問題がなければ「上記に同意して申し込みを続ける」をクリックしましょう。提携先であるJCBのページに移動します。

最初に、規約・規定類・重要事項等が表示されるので確認しましょう。同意できる場合のみ、各種情報の入力に進みます。

画面が切り替わったら、必要情報を入力しましょう。

  • 名前
  • 名前のフリガナ
  • ローマ字名
  • 生年月日
  • 職業
  • 本人年収
  • Eメールアドレス(確認用再入力あり)
  • カード利用代金支払い口座の情報(金融機関名、支店・出張所名、口座番号)

を入力します。

4.申し込み内容の確認および銀行口座の設定を行う

必要情報の入力が終わったら、確認画面に移ります。

なお、この後、カード利用代金支払い用に設定した銀行口座の認証も行いますので

  • 口座番号
  • インターネットバンキングのログイン情報(ID、パスワードなど)

がわかるものを用意しておきましょう。

5.審査

JCBが審査を行います。

6.カード発行

カードが発行されます。

Airカードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。