JCB CARD Bizレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査徹底解説

JCB CARD Bizとは

JCB CARD Bizは、株式会社ジェーシービーが提供している個人事業主、法人向けの法人カードの一般カードです。JCBブランドで提供されています。

JCB CARD Bizの特徴は「法人代表者・個人事業主専用カード」のため「審査に通りやすい」、「JCBのプロパーカードの信頼性」「入会キャンペーンが手厚い」「旅行傷害保険が手厚い」「ポイント倍増プログラムが多い」などのが挙げられます。JCBのプロパーカードには、JCB法人カードがあるのですが、より個人事業主・小規模事業者向けに作られたのがJCB CARD Bizです。

そのため、支払方法の選択肢が多い、キャッシングができる、Apple Pay・Google Payが使える、登記簿謄本や決算書不要、ETCカードは年会費無料など、使いやすさを重視した設計となっています。

デメリットも個人事業主・小規模事業者向けにしているため、限度額が小さい、ショッピング保険が海外のみ、旅行傷害保険は利用付帯、ETCカードは1枚につき1枚までしか発行できないなどがあります。

手厚いキャンペーンと、審査に通りやすいJCBのプロパーカードというのが売りの法人カードで、個人事業主や社員数が数名の小規模事業者におすすめできる法人カードとなっています。

メリット
  • JCBのプロパーカードの信頼性
  • 登記簿謄本や決算書不要で審査に通りやすい
  • 入会キャンペーンが手厚い
  • 初年度年会費無料、次年度年会費も格安
  • 旅行傷害保険が手厚い
  • JCB ORIGINAL SERIESでポイント2倍以上
  • JCB STAR MEMBERSでポイント50%アップ
  • 支払方法の選択肢が多い
  • キャッシングができる
  • Apple Pay・Google Payが使える
  • ETCカードは年会費無料
デメリット
  • 限度額が小さい
  • ショッピング保険が海外のみ
  • 旅行傷害保険は利用付帯
  • ETCカードは1枚につき1枚までしか発行できない
法人カードレビュー評価
発行スピード
(4.0)
審査の通りやすさ
(4.0)
限度額の高さ
(3.0)
管理画面・明細
(4.0)
ポイントのお得さ
(4.0)
年会費の安さ
(4.0)
サポート対応
(4.0)
ステイタス性
(3.0)
海外利用・ホテル優待
(2.0)
レストラン優待
(2.0)
総合評価
(3.5)

JCB CARD Biz年会費

  • 年会費:1,375円
  • 年会費優遇条件:-
  • 年会費特典:【年会費特典】初年度年会費無料
追加カード年会費
  • 追加カード年会費:-(発行枚数制限:-)
  • ETCカード年会費:0円(発行枚数制限:無制限)

JCB CARD Bizポイント・マイル・キャッシュバック

ポイント
  • ポイント還元率 :0.50% ~ 3.75%
  • ポイント倍増方法:●JCBスターメンバーズ 100万円以上利用・翌年:50%UP ●JCB ORIGINAL SERIESパートナー スターバックス:10倍 セブン-イレブン:3倍 Amazon.co.jp:3倍 ガソリンスタンド:2倍 ●海外利用 海外利用:2倍
  • ポイントサイト経由のポイント倍増:●Oki Dokiランド 最大20倍
  • ポイントプログラム名:Oki Dokiポイント
キャッシュバック
  • キャッシュバック :-
マイル(マイレージ)
  • マイル還元率 :0.30% ~ 2.25%
  • マイル取得方法:●ポイント交換 JALマイル:1p → 3mile ANAマイル:1p → 3mile スカイマイル:1p → 3mile
  • フライトマイルボーナス:-

JCB CARD Biz限度額

  • ショッピング枠 :個別設定 ~ 個別設定
  • キャッシング枠:個別設定 ~ 個別設定

JCB CARD Biz保険

ショッピング保険
  • 国内:-
  • 海外:最高100万円
  • 付帯条件:カード購入+90日間
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高3,000万円
  • 海外航空機遅延保険:-
  • 家族特約:-
  • 付帯条件:利用付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高3,000万円
  • 入院日額:-
  • 国内航空機遅延保険:-
  • 付帯条件:利用付帯

JCB CARD Biz口コミ評判

JCB CARD Biz良い口コミ評判

JCB CARD Biz良い口コミ評判まとめ

  • 審査が通りやすい
  • 新しいカード
  • 入会キャンペーンが手厚い

JCB CARD Biz悪い口コミ評判

JCB CARD Biz悪い口コミ評判まとめ

  • JCBブランドは海外で使えない
  • 限度額が小さい

JCB CARD Bizメリット

1.JCBのプロパーカードの信頼性

JCB CARD Bizは

  • JCBのプロパーカードの信頼性

がある法人カードです。

法人カードを含めたクレジットカードを「どんな会社が発行しているのか」で大まかに分類すると

  • 提携カード:国際ブランドを運営する会社と外部の企業(例:商業施設、交通機関、ホテルなど)が提携して発行するクレジットカード
  • プロパーカード:国際ブランドを運営する会社(もしくは、国際ブランドを運営する会社が重要な戦略パートナーと位置付けている会社)が自ら発行するクレジットカード

に分かれます。

そして、プロパーカードより提携カードの方が、提携先の会社の商品・サービスの拡販につなげるという目的がある以上、審査は簡単になる傾向にあります。

裏を返すと、プロパーカードが持てるということは「相応の信頼がある」という意味に解釈できるのです。

JCB CARD Bizは株式会社ジェーシービーが自社で発行するプロパーカードです。そのため、この審査に通るということは「相応の信頼がある人、会社」として周囲に好意的にとらえてもらえるでしょう。

2.登記簿謄本や決算書不要で審査に通りやすい

JCB CARD Bizは

  • 登記簿謄本や決算書不要で審査に通りやすい

法人カードです。

法人カードでは、申込時に登記簿謄本や決算書の提出を義務づけているのは珍しくありません。

しかし、これらは「会社に相応の社歴があり、コンスタントに売上を出せているか」をチェックするためのものであるため、ビジネスを開始したばかりの個人事業主、中小企業の経営者にとっては不利になります。

特に、決算書に至っては、少なくとも1年以上事業を続けていないと作ることすらできません。

しかし、 JCB CARD Bizでは登記簿謄本や決算書の提出は不要です。個人事業主や法人の代表者の本人確認書類の提出で済むため、申し込むハードルはかなり低くなります。

3.入会キャンペーンが手厚い

JCB CARD Bizは

  • 入会キャンペーンが手厚い

法人カードです。

入会にあたっては、次の特典が受け取れるキャンペーンを行っています。

Amazonギフト券(Eメールタイプ)3,000円分入会すれば無条件にプレゼント
Amazonギフト券(Eメールタイプ)17,000円分 カード入会翌々月までに10万円(税込)以上利用すればプレゼント

最大で2万円分のAmazonギフト券が受け取れるのは、大きなチャンスです。

4.初年度年会費無料、次年度年会費も格安

JCB CARD Bizは

  • 初年度年会費無料、次年度年会費も格安

の法人カードです。年会費は、以下のようになっています。

  • 初年度:無料
  • 次年度以降:1,375円(税込)

初年度無料である上に、次年度以降も1,000円台と十分格安といって良い水準です。「できることなら、法人カードの年会費は低く抑えたい」という人にはもってこいでしょう。

5.旅行傷害保険が手厚い

JCB CARD Bizは

  • 旅行傷害保険が手厚い

法人カードです。以下の内容の旅行傷害保険が付帯しています。

年会費が格安であることを考えても、手厚さという意味では十分検討しているでしょう。

海外旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害最高3,000万円
傷害・疾病治療費用1回の病気につき100万円限度
賠償責任1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用等100万円限度

国内旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害最高3,000万円

6.JCB ORIGINAL SERIESでポイント2倍以上

JCB CARD Bizは

  • JCB ORIGINAL SERIESでポイント2倍以上

の法人カードです。

JCBは自社発行のクレジットカードに「JCB ORIGINAL SERIES」という総称をつけています。

そして、これに含まれるクレジットカードについては「JCBオリジナルシリーズパートナー」という特約店を使うと、通常よりポイント還元率がアップするという取り組みを行っているのです。

例えば、Amazonの場合利用額1,000円につき3ポイント(OkiDokiポイント)が付与されます。

1ポイント = 5円相当であるため、ポイント還元率が1.5%にアップするのです。

Amazon以外にも多数の店舗が「JCBオリジナルシリーズパートナー」として登録されているので、普段の仕事でよく使う店舗が含まれていないか一度確認してみましょう。

7.JCB STAR MEMBERSでポイント50%アップ

JCB CARD Bizは

  • JCB STAR MEMBERSでポイント50%アップ

の法人カードです。

JCBではプロパーカード会員を対象にした優待プログラムとして「JCB STAR MEMBERS」を設けています。

  • 利用額に応じてOkiDokiポイントが上乗せされる「OkiDokiボーナスアップ」
  • キャンペーン参加時の抽選口数がアップする「キャンペーンチャンスアップ」

の2つの特典が設けられていますが、JCB CARD Bizの場合、利用額に応じて以下のように特典が付与される仕組みです。

Oki Dokiボーナスアップ

集計期間中の利用合計金額(税込)メンバーランク名称ポイントアップ率
100万円以上スターα(アルファ)PLUS50%
50万円以上スターβ(ベータ)PLUS20%
30万円以上スターe(イー)PLUS10%

キャンペーンチャンスアップ

メンバーランク名称抽選口数の増加分
スターα(アルファ)PLUS4倍
スターβ(ベータ)PLUS2倍
スターe(イー)PLUS2倍

8.支払方法の選択肢が多い

JCB CARD Bizは

  • 支払方法の選択肢が多い

法人カードです。

法人カードの中には、一括払い以外利用できないなど、支払方法の選択肢が狭いものが多々あります。

しかし、JCB CARD Bizの場合、一括払いはもちろん、分割払い・リボ払いも利用可能です。

代表者の個人名義を用いる法人カードであるため、このような扱いが可能になっています。

資金繰りに合わせて支払方法を調整できるのは、大きなメリットです。

9.キャッシングができる

JCB CARD Bizは

  • キャッシングができる

法人カードです。

先ほどの支払方法の話と同様、法人カードの中には、一般のクレジットカードでできるはずのことができない場合も往々にしてあります。

その1つがキャッシングですが、JCB CARD Bizでは問題なく利用可能です。

「お金を払わなくてはいけないのに、手持ちの資金が足りない」という場合にも使えます。

10.Apple Pay・Google Payが使える

JCB CARD Bizは

  • Apple Pay・Google Payが使える

法人カードです。

どちらのスマホを使っている場合であっても、支払元として問題なく指定できるのは大きなメリットです。

11.ETCカードは年会費無料

JCB CARD Bizは

  • ETCカードは年会費無料

法人カードです。

そもそも、JCBではカード会員に対しETCカード「ETCスルーカード」を無料で発行しています。

利用代金はJCB CARD Bizでの他の利用分と合算して請求されるため、管理も簡単です。

JCB CARD Bizデメリット

1.限度額が小さい

JCB CARD Bizのデメリットとして

  • 限度額が小さい

ことが挙げられます。

実際の金額は、個人事業主や法人代表者の状況によって異なるため、一概には言えませんが、10万円から100万円の間で設定される仕様です。

仮に数十万程度に設定された場合、まとまった支払いをするにはかなり心もとないかもしれません。

2.ショッピング保険が海外のみ

JCB CARD Bizのデメリットとして

  • ショッピング保険が海外のみ

であることが挙げられます。

つまり、 JCB CARD Biz で購入した商品が、購入日から90日以内に盗難、破損した場合は年間100万円まで補償が受けられます。

しかし、JCB CARD Bizの場合、適用されるのは「海外で買った商品」のみです。

国内で買った商品に関しては、ショッピング保険による補償が受けられないことに注意しましょう。

3.旅行傷害保険は利用付帯

JCB CARD Bizのデメリットとして

  • 旅行傷害保険は利用付帯

であることが挙げられます。公式Webページにも

JCBカードで事前に、「搭乗する公共乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いいただいた場合、海外旅行傷害保険が適用されます

出典:付帯保険内容照会 | JCBカードのおすすめ保険

と明記されているので、補償を受けたい場合はJCB CARD Bizで

  • 新幹線、電車、飛行機のチケットを購入する
  • パッケージツアーの料金を支払う

のを忘れないようにしましょう。

4.ETCカードは1枚につき1枚までしか発行できない

JCB CARD Bizのデメリットとして

  • ETCカードは1枚につき1枚までしか発行できない

ことが挙げられます。

つまり、社用車が2台以上ある場合でも、ETCカードの支払元を同じにすることはできないので、管理をどうするかが問題になるはずです。

社用車が増える予定がある場合は、この辺りがネックになるかもしれません。

JCB CARD Biz申込手順

1. JCB CARD Bizのサイトに行く

JCB CARD Bizのサイトはこちら

2.規約・規定類・重要事項等を確認する

JCB CARD Bizのサイトに行き「JCB一般カードを申し込む」をクリックすると、申し込み画面に遷移します。

最初に、規約・規定類・重要事項等が表示されるので確認しましょう。同意できる場合のみ、各種情報の入力に進みます。

3.必要情報を入力する

画面が切り替わったら、必要情報を入力しましょう。

  • 名前
  • 名前のフリガナ
  • ローマ字名
  • 生年月日
  • 職業
  • 本人年収
  • Eメールアドレス(確認用再入力あり)
  • カード利用代金支払い口座の情報(金融機関名、支店・出張所名、口座番号)

を入力します。

4.申し込み内容の確認および銀行口座の設定を行う

必要情報の入力が終わったら、確認画面に移ります。

なお、この後、カード利用代金支払い用に設定した銀行口座の認証も行いますので

  • 口座番号
  • インターネットバンキングのログイン情報(ID、パスワードなど)

がわかるものを用意しておきましょう。

5.審査

JCBが審査を行います。

6.カード発行

カードが発行されます。なお、公式Webページでは「最短翌日お届け」とありますが、何らかの事情で審査に時間がかかっている場合はこの限りではありません。

JCBの公式Webサイトから審査状況の確認ができるので、あまりに遅い場合は一度確認し、必要に応じてコールセンターに連絡しましょう。

JCB CARD Bizよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。