ダイナースクラブカードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査・限度額徹底解説

ダイナースクラブカードとは

ダイナースクラブカードは、三井住友信託銀行グループ三井住友トラストクラブ株式会社が提供しているクレジットカードです。Dinersブランドで提供されています。ダイナースクラブカードは、明確にゴールドカードというわけではありませんが、年会費・スペックから見てゴールドカードに分類されるものとしてここで紹介しています。

ダイナースクラブカードの特徴は「高いステイタス性」「一律の制限のない限度額」「TRUST CLUB プラチナマスターカードのコンパニオンカード発行」「BoingoのWi-Fi接続サービス無料」「対象レストランのコース料理を予約すると1~2名様分が無料」「海外空港ラウンジ無料」「国内の厳選ホテル・旅館で宿泊優待特典」「海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯5,000万円)」「国内旅行傷害保険最高1億円(自動付帯5,000万円)」「ショッピング保険最高500万円」「『三つ星」受賞のコールセンター」「年間参加料:6,600円のグローバルマイレージを利用すれば、ANAマイル還元率1.0%」「手厚い入会キャンペーン実施」などが挙げられます。

最大の特徴は「ステイタス性」と「レストラン優待」「ホテル優待」「保険」「コールセンター」の総合力であり、国内、海外で出張や旅行、会食をする機会が多い方ほど、お得に利用できるクレジットカードとなっています。とくに2名以上の予約で1名分のコース料理が無料、6名以上の予約で2名分のコース料理が無料になるエグゼクティブダイニングなどは、月1回のペースで使っても、簡単に年会費の元を取ることができるサービスです。

デメリットは、年会費が高いこと、ベースのポイント還元率が低いことぐらいです。Dinersは使える店舗が少ないというデメリットがありましたが、コンパニオンカードとして、Mastercardの追加カードも発行できるので、Mastercard店舗でも利用できるようになり、不便さは改善されています。

エグゼクティブが持つ、旅行や食事に強い総合力の高いクレジットカードとしておすすめです。

メリット
  • 高いステイタス性
  • 一律の制限のない限度額
  • TRUST CLUB プラチナマスターカードのコンパニオンカード発行
  • BoingoのWi-Fi接続サービス無料
  • 対象レストランのコース料理を予約すると1~2名様分が無料
  • 海外空港ラウンジ無料
  • 国内の厳選ホテル・旅館で宿泊優待や特典
  • 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険最高1億円(自動付帯5,000万円)
  • ショッピング保険最高500万円
  • 『三つ星」受賞のコールセンター
  • 年間参加料:6,600円のグローバルマイレージを利用すれば、ANAマイル還元率1.0%
  • 手厚い入会キャンペーン実施
デメリット
  • 年会費が高い
  • ポイント還元率が低い
  • 使えない店舗が多い
クレジットカードレビュー評価
年会費の安さ
(2.0)
ポイントのお得さ
(3.0)
発行スピード
(2.5)
審査の通りやすさ
(2.0)
限度額の高さ
(4.0)
サポート対応
(4.0)
ステイタス性
(4.0)
保険の手厚さ
(4.0)
海外利用・ホテル優待
(4.0)
レストラン優待
(4.5)
総合評価
(3.5)

ダイナースクラブカード基本情報

  • カード会社 :三井住友トラストクラブ
  • カード分類:ゴールドカード
  • 国際ブランド:Diners
  • 入会条件:27歳以上
  • 発行スピード:通常2~3週間

ダイナースクラブカード年会費

  • 年会費:24,200円(24,200円)
  • 年会費備考:-
追加カード年会費
  • 家族カード年会費:5,500円(永年無料)
  • 家族カード年会費備考:-
  • ETCカード年会費:0円(永年無料)
  • ETCカード年会費備考:-

ダイナースクラブカードポイント

ポイント
  • ポイント還元率 :0.40% ~ 1.00%
  • ポイント有効期限:無期限
  • ポイントモール:ダイナースクラブポイントモール(ダイナースクラブポイントモールを経由すると、通常のショッピング利用ポイントに加え、ボーナスポイント加算または還元率に応じたキャッシュバックが受けられます。)
  • ポイント特約店:-
  • ポイントアップステージ:-
  • 利用ボーナス:-
  • ポイント備考:-
マイル(マイレージ)
  • マイルへの交換率:ANAマイル(1ポイント=1マイル、1,000ポイント以上、年間交換上限40,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,600円)
    スカイマイル(2ポイント=1マイル、2,000ポイント以上、年間交換上限280,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,600円)
    マイレージプラス(2ポイント=1マイル、2,000ポイント以上、年間交換上限240,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,600円)
  • マイル還元率 ANAマイル:-
  • マイル還元率 JALマイル:-
  • マイル還元率 スカイマイル:-

ダイナースクラブカード電子マネー・スマホ決済

  • 電子マネー機能:-
  • 電子マネーチャージ:楽天Edy
  • 電子マネーチャージでポイント対象:-
  • スマホ決済:Apple Pay

ダイナースクラブカード限度額・支払方法

  • ショッピング限度額 :一律の利用制限なし ~ 一律の利用制限なし
  • キャッシング限度額:-
  • 支払方法:国内:1回払い、リボ払い、ボーナス払い
    海外:1回払い
  • 締め日・支払日:15日締め・翌月10日払い

ダイナースクラブカード保険

ショッピング保険
  • 国内:500万円
  • 海外:500万円
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:10,000万円(自動付帯:5,000万円)
  • 海外航空機遅延保険:-
  • 家族特約:-
  • 付帯条件:自動付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高50万円
  • 入院日額:最高50万円
  • 国内航空機遅延保険:最高200万円
  • 付帯条件:利用付帯

ダイナースクラブカード口コミ評判

ダイナースクラブカード良い口コミ評判

ダイナースクラブカード良い口コミ評判まとめ

  • ステイタス性が高い
  • コンシェルジュデスクがある
  • コース料理を2名以上で予約すると1名分無料
  • デザインが良い
  • 限度額が一律の上限なし
  • サブカードとしてMastercardを付帯できる
  • スマホも補償対象

ダイナースクラブカード悪い口コミ評判

ダイナースクラブカード悪い口コミ評判まとめ

  • 年会費が高い
  • 使えない店舗が多い

ダイナースクラブカードメリット

ダイナースクラブカードデメリット

ダイナースクラブカード申込手順

ダイナースクラブカードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です