アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードレビュー。実際に利用してわかったメリットデメリット・年会費・ポイント・審査・限度額徹底解説

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードとは

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが提供しているAMEXブランドのプラチナカードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの特徴は「年会費143,000円」「アメックスのプロパーカードのプラチナカードでステイタス性が高い」「メタル製のプラチナ・カード」「家族カード4枚まで無料」「1年に1度、国内の対象ホテルでご一泊いただける無料ペア宿泊券」「質の高いコンシェルジュデスク」「一流レストランの席を確保」「2名以上のコース料理の利用で1名分無料」「ハイブランドの対象加盟店でポイント10倍」「無料のメンバーシップ・リワード・プラスでANAマイル還元率1.0%」「スマートフォン・プロテクション最大10万円」「ホームウェア・プロテクション購入金額の50~100%を補償」「個人賠償責任保険最高1億円」「ホテル優待ファイン・ホテル・アンド・リゾートが手厚い」「世界1,200カ所以上の空港ラウンジが利用可能」「ホテルグループの上級メンバーシップ無料登録」「海外旅行傷害保険最高1億円・一部利用付帯・家族特約あり」「国内旅行傷害保険最高1億円・利用付帯・家族特約あり」「ショッピング保険最高500万円」などが挙げられます。

とくにメリットが大きいのはホテル優待です。1年に1度、国内の対象ホテルでご一泊いただける無料ペア宿泊券があり、ファイン・ホテル・アンド・リゾートでは、部屋のアップグレード、滞在中の朝食サービス、チェックアウト時間の延長、100ドルのクレジットなど手厚いサービスが受けられます。また、コンシェルジュデスクを使えば、予約の手配までお任せできます。さらに「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員、「Radisson Rewards」Goldエリートステータス、「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」ゴールドエリート会員などを無料で取得できるため、上級ホテルを会員特典で体験することができます。

デメリットは、年会費の高さと、旅行傷害保険が利用付帯である点です。

旅行に行く機会が多い方にとっては、ホテル優待の特典が年会費負担143,000円を上回って、大きなメリットを得ることができます。

メリット
  • アメックスのプロパーカードのプラチナカードでステイタス性が高い
  • メタル製のプラチナ・カード
  • 家族カード4枚まで無料
  • 1年に1度、国内の対象ホテルで一泊できる無料ペア宿泊券
  • 質の高いコンシェルジュデスク
  • 一流レストランの席を確保
  • 2名以上のコース料理の利用で1名分無料
  • ハイブランドの対象加盟店でポイント10倍
  • 無料のメンバーシップ・リワード・プラスでANAマイル還元率1.0%
  • スマートフォン・プロテクション最大10万円
  • ホームウェア・プロテクション
  • 個人賠償責任保険最高1億円
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾートによる手厚いホテル優待
  • 世界1,200カ所以上の空港ラウンジが利用可能
  • ホテルグループの上級メンバーシップ無料登録
  • 海外旅行傷害保険最高1億円・一部利用付帯・家族特約あり
  • 国内旅行傷害保険最高1億円・利用付帯・家族特約あり
デメリット
  • 年会費が高い
  • 旅行傷害保険が利用付帯
  • 使えない店舗がある
クレジットカードレビュー評価
年会費の安さ
(1.5)
ポイントのお得さ
(3.5)
発行スピード
(2.0)
審査の通りやすさ
(2.0)
限度額の高さ
(5.0)
サポート対応
(4.5)
ステイタス性
(4.5)
保険の手厚さ
(4.5)
海外利用・ホテル優待
(4.5)
レストラン優待
(4.0)
総合評価
(4.0)

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード基本情報

  • カード会社 :アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
  • カード分類:プラチナカード
  • 国際ブランド:AMEX(アメックス)
  • 入会条件:20歳以上
  • 発行スピード:通常1~3週間

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード年会費

  • 年会費:143,000円(143,000円)
  • 年会費備考:-
追加カード年会費
  • 家族カード年会費:0円(永年無料)
  • 家族カード年会費備考:※発行手数料935円
    ※5枚まで発行可能
  • ETCカード年会費:0円(永年無料)
  • ETCカード年会費備考:※発行手数料935円
    ※5枚まで発行可能

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードポイント

ポイント
  • ポイント還元率 :0.50% ~ 0.50%
  • ポイント有効期限:~36ヶ月
  • ポイントモール:-
  • ポイント特約店:-
  • ポイントアップステージ:-
  • 利用ボーナス:-
  • ポイント備考:-
マイル(マイレージ)
  • マイルへの交換率:ANAマイル(1ポイント=0.5マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=1マイル(登録無料))
    JALマイル(1ポイント=0.3マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=0.4マイル(登録無料))
    スカイマイル(1ポイント=0.5マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1ポイント=0.8マイル(登録無料))
  • マイル還元率 ANAマイル:-
  • マイル還元率 JALマイル:-
  • マイル還元率 スカイマイル:-

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード電子マネー・スマホ決済

  • 電子マネー機能:-
  • 電子マネーチャージ:楽天Edy
  • 電子マネーチャージでポイント対象:-
  • スマホ決済:Apple Pay

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード限度額・支払方法

  • ショッピング限度額 :利用者により異なる ~ 利用者により異なる
  • キャッシング限度額:-
  • 支払方法:国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
    海外:1回払い、リボ払い
  • 締め日・支払日:利用者により異なる

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード保険

ショッピング保険
  • 国内:500万円
  • 海外:500万円
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約10,000万円
  • 海外航空機遅延保険:15万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)、家族特約15万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
  • 家族特約:家族特約
  • 付帯条件:自動付帯
国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高50万円
  • 入院日額:最高50万円
  • 国内航空機遅延保険:最高200万円
  • 付帯条件:利用付帯

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード良い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード良い口コミ評判まとめ

  • カードが金属製
  • ステイタス性が高い
  • ホテルの優待特典が手厚い
  • マイルが貯まりやすい
  • コンシェルジュデスクが有能

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード悪い口コミ評判

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード悪い口コミ評判まとめ

  • 年会費が高い
  • 海外に行けないと活躍しない

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードメリット

1.アメックスのプロパーカードのプラチナカードでステイタス性が高い

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • アメックスのプロパーカードのプラチナカードでステイタス性が高い

クレジットカードです。

クレジットカードを「どんな会社が発行しているのか」で大きく分けると次の2つに分かれます。

  • プロパーカード:国際ブランドを運営する会社が自ら発行する、もしくは、経営戦略上重要なパートナーと位置付けている会社に委託して発行されるクレジットカード
  • 提携カード:国際ブランドを運営する会社と、外部の企業(例:商業施設、交通機関など)が提携し、提携先の商品・サービスの購入を促すために発行されるクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはこのうち、プロパーカードにあたります。プロパーカードであるため

  • ブランド力の保持
  • 安定継続した支払いの担保

の観点から、審査の難易度も極めて高いのが特徴です。

また、アメックスでは「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(いわゆる「アメックスの黒」)」を発行していますが、このカードは招待制です。

そして、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの利用者のうち、一定の条件を満たした人だけが招待されると考えましょう。この点からも、ステイタス性が極めて高いことがうかがえます。

2.メタル製のプラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • メタル製のプラチナ・カード

であるクレジットカードです。

一般的なクレジットカードは、プラスチック製であることがほとんどですが、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは希少金属の1つ・チタンでできています。

丈夫な上に高級感があるデザインなので「どうせ持つなら格好良いものを」と思う人ならきっと満足ができるはずです。

3.家族カード4枚まで無料

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 家族カード4枚まで無料

であるクレジットカードです。

家族にもアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを使ってもらう場合、家族カードを追加で発行することになります。

そして、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの場合、家族カードは4枚まで年会費無料で追加可能です。

4枚まで無料であれば、たいていの家庭では用が足りるでしょう。

4.1年に1度、国内の対象ホテルで一泊できる無料ペア宿泊券

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 1年に1度、国内の対象ホテルで一泊できる無料ペア宿泊券

が贈呈されるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードには「フリー・ステイ・ギフト」というシステムがあります。

これは、毎年カードを更新すると、1年に1回、国内の対象ホテルで1泊できる無料ペア宿泊券が贈呈されるプログラムです。

対象となっているのは

  • ニューオータニ
  • ロイヤルパークホテル
  • マリオット
  • ヒルトン
  • ハイアット
  • オークラニッコーホテルズ
  • プリンスホテル
  • 三井ガーデンホテル

のブランドを関する50以上のホテルです。

好みや目的に合わせて選べるので、家族や友達との旅行に活用しましょう。

5.質の高いコンシェルジュデスク

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 質の高いコンシェルジュデスク

に定評があるクレジットカードです。

プラチナカードともなると、コンシェルジュデスクが使えることは珍しくありませんが、中には「毎日9時~20時までは有人対応、それ以外は緊急問い合わせを除き自動音声対応」というコンシェルジュデスクもあります。

しかし、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのコンシェルジュデスクは、24時間365日有人対応です。

そのため

  • カードの紛失、盗難、海外旅行先でのケガ・病気などのトラブル対応
  • 航空券、ホテルの手配の依頼
  • プレゼントの相談

など、幅広い相談にいつでも乗ってもらえます。

「こんなこと相談しても大丈夫かな?」ということであっても、親身に相談に乗ってくれるのでまずは聞いてみましょう。

6.一流レストランの席を確保

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 一流レストランの席を確保

できるクレジットカードです。

7.2名以上のコース料理の利用で1名分無料

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 2名以上のコース料理の利用で1名分無料

になるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードには「2 for 1ダイニング by 招待日和」というサービスが付帯しています。

つまり、提携している国内外のレストラン(約250店舗)で、所定のコース料理を2名以上で予約すると、1名分のコース料理が無料になります。予約はオンライン上で可能です。

有名ホテル内のレストランや、各種ガイドブックでの紹介歴が豊富な店と提携しているので、特別な日の食事も楽しめます。

8.ハイブランドの対象加盟店でポイント10倍

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • ハイブランドの対象加盟店でポイント10倍

になるクレジットカードです。

つまり

  • カード利用による付与ポイント:100円につき1ポイント
  • 対象加盟店の利用による上乗せ分のポイント:100円につき9ポイント

合計10ポイントが付与されると考えましょう。

9.無料のメンバーシップ・リワード・プラスでANAマイル還元率1.0%

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 無料のメンバーシップ・リワード・プラスでANAマイル還元率1.0%

になるクレジットカードです。

本来、アメリカン・エキスプレスが発行するプロパーカードのポイントには有効期限があります。

しかし、メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、ポイントの有効期限は無期限になるのです。

加えて、様々な特典に交換する際、より有利なレートで交換できるようになります。例えば、ANAマイルの場合

  • 1,000ポイント = 1,000マイル

で交換可能です。還元率に直すと1.0%になります。

本来、メンバーシップ・リワード・プラスは年会費が有料のプログラムですが、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの会員の場合は無料になります。

JALのマイルにも移行すること自体はできますが、還元率は0.4%(2,500ポイントで1,000マイル)とあまりよくありません。「飛行機はANA派」という人なら、還元率の高さに満足できるでしょう。

10.スマートフォン・プロテクション最大10万円

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • スマートフォン・プロテクション最大10万円

のクレジットカードです。

つまり、スマートフォンが破損した場合、修理代金を最大10万円まで補償してくれます。なお、利用にあたっては

  • 購入後2年以内の対象となるスマートフォンである
  • 保険期間中の通算支払額の上限は10万円までである

などの条件を満たす必要がありますが、いざというときにかなり便利な制度です。

11.ホームウェア・プロテクション

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • ホームウェア・プロテクション

が利用できるクレジットカードです。

普段使っている電化製品やパソコン、カメラなど所定の製品が壊れた場合、購入金額の50%~100%について、補償が受けられます。

電化製品はいつ壊れるかわからない以上、いざという時の備えとして、チェックしておきましょう。

12.個人賠償責任保険最高1億円

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 個人賠償責任保険最高1億円

のクレジットカードです。

つまり、会員本人や家族が居住している住宅の所有・使用・管理および日常生活に起因する偶然な事故により他人に対して法律上の賠償責任を負った場合、1事故につき1億円を限度に保険金が支払われます。

もし、子どもが自転車に乗っていて事故を起こし、他人にケガをさせてしまった場合でも、この個人賠償責任保険による補償を受けることが可能です。

日常生活のトラブルに幅広く備えられる保険であるため、いざという時には活用しましょう。

13.ファイン・ホテル・アンド・リゾートによる手厚いホテル優待

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • ファイン・ホテル・アンド・リゾートによる手厚いホテル優待

が受けられるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの会員であれば、ファイン・ホテル・アンド・リゾートによるホテル・旅館での優待が受けられます。

具体的な優待は、それぞれの宿泊施設によって異なりますが、

  • チェックイン時の空室状況により、12:00よりチェックイン
  • チェックイン時の空室状況により、お部屋をアップグレード
  • ご滞在中の朝食をサービス(2名様まで)
  • 客室内のWi-Fi 無料
  • チェックアウト時間の延長(16:00 まで)
  • ホテルのオリジナル特典

などが受けられると考えましょう。

なお、公式Webサイトによれば、金額に直すと合計約550ドル相当の無料特典が使えるとのことです。また、対象の宿泊施設に優待料金で泊まれます。

旅行好きな人であれば、フルに活用したい特典です。

14.世界1,200カ所以上の空港ラウンジが利用可能

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 世界1,200カ所以上の空港ラウンジが利用可能

なクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの会員であれば、アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションというラウンジ共通利用プログラムが使えます。

世界130の国にある合計500空港のラウンジが利用可能です。また、カード会員専用ラウンジであるセンチュリオンラウンジも利用できます。

旅行先で時間を潰したいときは、ラウンジ巡りもできるので試してみましょう。

15.ホテルグループの上級メンバーシップ無料登録

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • ホテルグループの上級メンバーシップ無料登録

ができるクレジットカードです。

別途登録手続が必要ですが、本来は有料もしくは加入条件を満たさないといけないホテルグループの上級メンバーシップに、無条件で登録できます。

以下の上級メンバーシップに登録可能です。

  • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
  • 「Radisson Rewards(TM)」Goldエリートステータス
  • 「Marriott Bonvoy(TM)」ゴールドエリート

部屋の無料アップグレードなどの特典が受けられるので、かなりお得になります。

16.海外旅行傷害保険最高1億円・一部利用付帯・家族特約あり

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 海外旅行傷害保険最高1億円・一部利用付帯・家族特約あり

のクレジットカードです。

以下の内容の海外旅行傷害保険が付帯しています。

傷害死亡・後遺障害保険金最高 1 億円
傷害治療費用保険金最高 1,000 万円
疾病治療費用保険金最高 1,000 万円
賠償責任保険金最高 5,000万円
携行品損害保険金1 旅行中・年間限度額 100 万円(免責金額 3,000 円)
救援者費用保険金保険期間中 最高 1,000 万円

なお、補償を受けるためには、航空券やパッケージツアー等の代金の支払いに、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを使わなくてはいけません。これを忘れてしまうと補償が受けられないので要注意です。

17.国内旅行傷害保険最高1億円・利用付帯・家族特約あり

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは

  • 国内旅行傷害保険最高1億円・利用付帯・家族特約あり

のクレジットカードです。

以下の内容の国内旅行傷害保険が付帯しています。

傷害死亡
後遺傷害保険金
最高 1 億円
入院保険金日額 5,000 円
通院保険金日額 3,000 円

こちらも、パッケージツアーの参加費などをアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードで支払うことで補償が受けられるようになります。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードデメリット

1.年会費が高い

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのデメリットとして

  • 年会費が高いこと

が挙げられます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの年会費は143,000円と、日本で出回っているプラチナカードの中でも、かなり高額です。

年会費に見合うだけの充実したサービスを受けられるのは確かですが、サービスを使う機会がない人にとっては宝の持ち腐れになるかもしれません。

2.旅行傷害保険が利用付帯

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのデメリットとして

  • 旅行傷害保険が利用付帯

であることが挙げられます。

つまり、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを使って

  • 海外航空券を購入する
  • 日本国内の新幹線、飛行機の予約をする
  • パッケージツアーに参加する
  • 日本国内のホテル・旅館を予約する

など、一定の条件を満たさないと、トラブルがあった際の補償は受けられません。

3.使えない店舗がある

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのデメリットとして

  • 使えない店舗がある

ことが挙げられます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに付帯している国際ブランドは、文字通りアメリカン・エキスプレスです。

しかし、アメリカン・エキスプレスの加盟店は、VisaやMastercardに比べると圧倒的に少ないため、使えない店舗も往々にしてあります。

アメリカ、カナダなど、アメリカン・エキスプレス自体の認知度が高い国はまだしも、ヨーロッパやアフリカなど、認知度が低い地域では、一部の例外を除いて使えないことが多いと考えた方が良さそうです。

日本でも「クレジットカード払いはできるけど、VisaやMastercardのみだった」ということは往々にしてあります。

万が一、使えなかった場合にどうするかも考えながら、持ち歩くカードを厳選しましょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード申込手順

1.アメリカン・エキスプレス・ プラチナ・カードのサイトに行く

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのサイトはこちら

2.必要事項の入力と規約・規定類・重要事項等を確認する

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサイトに行き「お申込みはこちら」をクリックすると、申し込み画面に移ります。

  • 名前(漢字、フリガナ、ローマ字表記)
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 居住形態
  • 自宅郵便番号
  • 住所
  • 主な職業
  • 年収
  • 預貯金・有価証券類
  • アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードの所持状況
  • 他のクレジットカードの所持状況
  • 勤務先名(フリガナも)
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先の区分・雇用形態
  • 業種

の入力が求められるので、確認しながら進めましょう。全て入力し終わると、確認画面が出てくるので、内容に問題がないかをチェックし、送信します。

なお、確認画面では

  • 家族カードの申し込み
  • 優待状況の配信
  • 「フリー・プロテクト・プラン」(無料保険)の付帯

に関しても希望を聞かれるので、希望する場合はチェックしましょう。

3.審査

アメリカン・エキスプレスが審査を行います。

4.カード発行

審査に通過すればカードが発行されます。なお、オンラインでの申し込みの場合、審査には通常10日間ほどかかります。

また、カードは本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で届くため、受け取る際に「本人確認のための公的証明書類」が必要となります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 官公庁が顔写真を貼付した各種福祉手帳(身体障害者手帳など)
  • 官公庁から発行・発給された書類で、その官公庁が顔写真を貼付したもの

のいずれかを用意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。