本人認証サービス

本人認証サービス(MasterCard SecureCode)とは

本人認証サービスとは、オンラインショッピングにおいて第三者による「なりすまし」等の不正利用を防止するサービスです。
MasterCard®SecureCode™のマークがついているオンライン加盟店でのオンラインショッピングの場合、通常お取引で必要となるカード番号や有効期限のほかに、SBIカード会員さまご本人しか知りえない「Webログインパスワード(W-PIN)」(※Web用暗証番号)を入力することで初めてお支払い手続きが完了する仕組になっています。
第三者が不正にカードを利用しようとしても、この本人認証サービスによる確認が必要となるため、不正利用を事前に防止でき、安全にオンラインショッピングをご利用いただけます。

MasterCard SecureCodeはMasterCard International社が提供する決済の仕組みです。

MasterCard SecureCode
本人認証サービスご利用の流れ

本人認証サービスのご利用方法

  1. 1 対象加盟店での商品購入時にクレジットカード決済を選択し、カード情報を加盟店に送信すると右の画面が表示されます。

    本人認証サービスのオンライン加盟店には、MasterCard®SecureCode™のマークがついています。

  2. 2 当社会員専用ページへログインする際にご利用されているWebログインパスワード(W-PIN)(※Web用暗証番号)をパスワードとしてご入力ください。
    初期設定は、暗証番号通知書に記載されております「Web用暗証番号(W-PIN)」となります。
    暗証番号をお忘れの方は、SBIカード・インフォメーションデスクまでご連絡ください。

    会員専用ページにてWebログインパスワード(W-PIN)を変更すると、本人認証サービスご利用時のパスワードも変更となります。当日ご変更いただいた場合、翌日AM9:00にデータが反映されます。反映されるまでの間は変更前のWebログインパスワード(W-PIN)をご利用ください。

  3. 3 入力された情報はSSLにより暗号化されSBIカードへ送信されます。
    SBIカードで本人認証を行い、お支払い手続きが完了します。

    加盟店側ではパスワードを取得できませんので、ご安心ください。